美のツボを押して冷えと肌トラブルにサヨナラしよう


以前にも、手の甲にある万能のツボ合谷や、

シミに効く顔のツボを紹介しましたが、

今回は簡単に押せて効果の高い足のツボを紹介します。

 

 

肝臓の働きを活発にする美肌のツボ「大衝(たいしょう)」

 

美のツボを押して冷えと肌トラブルにサヨナラしよう大衝は肝臓の機能を改善したり、自律神経の働きを整え、

血流を良くすることでシミのない美肌へと導いてくれるツボです。

 

血流から冷えを改善し、冷え性(足先の冷え)、 のぼせ、

肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れ、

二日酔い、耳鳴りなど、多岐にわたり効果があります。

 

また、脚痩せにも効果的と言われています。

 

足の甲部分にあるツボで、

親指と人差し指の骨のあいだを足首のほうへ遡っていって、

ちょうど骨が交差するあたりのくぼみに位置します。

 

押すとジーンと痛みを感じるので、

とても見つけやすく押しやすいツボです。

 

この部分を揉むように親指で、息を吐きならがら3秒押し、

息を吸って3秒離します。

 

また、お風呂の中でリラックスしながら、

指圧マッサージを行うのも効果的です。

 

冷え性に良いツボは、 お風呂に入りながらや、

お風呂上りなど、先に温めて血流を良くしておくと、

より効果的ですので、寝る前のリラックスタイムにもオススメです。

 

ツボ下には血管があるので、力の加減に気をつけて、

痛きもちいい程度に刺激してください。

 

思春期に目立つそばかすと、

年齢を重ねるとともに気になってくるシミは、

メラニン色素が皮膚に沈着してできます。

 

紫外線による影響も大きいのですが、

ホルモン分泌の変調がかかわっていると考えられています。

 

東洋医学ではシミやそばかすは、

血の乱れにより起こるととらえます。

 

足の甲の太衝を押すことで、

血の働きをコントロールする肝臓の機能を高め、

シミやそばかすなどの肌トラブルを解消することが出来ます。

 

 

血行を促進し、冷えを解消する「八風(はっぷう)」

 

美のツボを押して冷えと肌トラブルにサヨナラしよう足の親指から小指までの、各指の付け根の間にある、

八風というツボも、血行を促進し、

冷えの解消に大きな効果があります。

 

足の表と裏の境に位置し、

左右合わせると8つのツボがあることになります。

 

親指と人差指でツボをはさむように、

足を上下につまんで強めに押し揉み、

指先に向かって引っぱり、指を離します。

 

1箇所につき10回程度揉みましょう。

 

または、足の裏側から各指の間に手の指を奥まで差し込み、

そのまま足首をグルグル回すと、

すべての「八風」を一度に刺激できます。

 

両方の足、8箇所揉みほぐしたあとでも、

まだ足が温まらない場合は、もう1セット続けてみましょう。

 

ツボ押は、ストレス解消やリラックスにも役立ちます。

 

自分のペースで毎日少しずつ続けて、

キレイで元気なのための習慣にしてみてください。