あなたのニオイは大丈夫?健康のためにも体臭をチェックしよう


あなたのニオイは大丈夫?健康のためにも体臭をチェックしよう
汗を良くかく夏の時期は、体臭のケアも気になりますよね。

 

暑さですぐに汗をかいてしまい、匂わないか心配・・・

という時があると思いますが、

全身に分布する「エクリン汗腺」から出る汗は、

体温調節を目的に分泌されるもののため、

ほとんどが水分で、臭いがありません。

 

では、汗をかいた後、なぜ汗臭くなるかというと

皮膚表面の常在菌が増殖するからです。

 

皮膚常在菌は水分と栄養分によって繁殖します。

つまり、汗と皮脂や角質をエサとしているのですね。

 

ですから、身体を清潔に保ち、

汗をかいたら常在菌が増殖する前にしっかりとふき取っていれば、

いっぱい汗をかいたあとも匂いの心配をする必要はさほどありません。

 

ぬれたタオルで拭いたり、市販の汗拭きシートで

身体を拭くことができれば、言うことなしですね。

 

一方、わきの下やおへその周り、性器の外陰部など、

体の一部にだけ分布して毛穴と出口を共有している汗腺を

「アポクリン汗腺」といい、

この汗の成分が細菌などで分解されると、独特の臭いを発します。

 

こちらの本来の機能は体温の調節ではなく、

体臭となる汗を作り出すことです。

 

つまり、異性を惹きつけるフェロモンのような役割を担っているのですが、

これが強くなりすぎると、腋臭症(ワキガ)と呼ばれます。

 

 

ニオイを抑えるには

 

体臭を抑えるために、制汗スプレーや殺菌クリームなどで

ケアをしている方も多いと思いますが、

食生活によっても体臭を抑えることができます。

 

肉類には、臭いの元になる動物性たんぱく質や

脂肪などが多く含まれていますので、

肉類に偏らず、野菜もしっかりと食べるようにすることで、

体臭を発生させやすい体質を改善することができます。

 

また、身体に疲労が溜まっているときは、

汗の中にアンモニアが出てくるようになり、

疲労臭ともいわれるアンモニア臭がすることがあります。

 

アンモニアは、食事から摂ったタンパク質を分解するときや

腸内細菌などにより体内で発生するのですが、

健康な状態であれば、肝臓内でアンモニアは尿素に分解されて

体外に排出されて、体内のアンモニア量は低く保たれています。

 

ところが、疲れやストレスで肝機能が低下すると、

アンモニアを尿素に解毒できず、血液中のアンモニア量が増え、

皮膚から出るアンモニアが多くなってしまうのです。

 

ですから、疲労臭の予防のためには、

肝機能を高めることが重要となります。

肝臓に良い食べ物といえば、やはりしじみです。

 

しじみのお味噌汁などで、美味しくたっぷり

しじみを食べるようにしてください。

 

また、クエン酸が、肉体疲労だけでなく、

神経疲労にも有効とされています。

黒酢や梅干し、柑橘類に豊富に含まれているので、

それらの食材を摂ることも効果的です。

 

そして、年齢を重ねてくると気になるのが加齢臭です。

 

加齢臭を予防するためには、加齢臭の原因となるノネナールを増加させる

活性酸素を抑制することが大切です。

 

そのためには、ビタミンCやE、カロチンなど

抗酸化作用のある食品を積極的にとるように心がけましょう。

 

また、ポリフェノールやβ-カロチン、カテキンやイソフラボンにも、

抗酸化作用が期待できます。

 

 

自分のニオイをチェックしてみよう

 

体臭は、できる限り抑え、消し去ってしまいたいもの、

と思ってしまう心情はありますが、

体臭にはとても重要な情報が含まれているものでもあります。

 

それは身体の不調や、病気のチェックになるということです。

 

病気が原因で特有の体臭を放つことがあり、

昔は「嗅診」といって

ニオイで病気を診断していたこともあるそうです。

 

例えば、油臭いニオイは脂漏性皮膚炎が原因であることが多く、

また糖尿病になると糖の分解が進まないため

甘酸っぱいニオイがするといわれます。

 

他にも、甲状腺機能亢進症やパーキンソン病になると、

全身の代謝が亢進し、皮脂腺が刺激され、

独特の体臭がでるようになると言われていますし、

べたべたする寝汗を大量にかいて、それが臭う場合は、

結核や白血病の可能性もあるそうです。

 

体臭から察知できる身体の不調や病気は下記のとおりです。

 

●あぶらっぽい皮脂臭・・・脂漏性皮膚炎

●甘酸っぱい匂い、アセトン臭・・・糖尿病

●汗のアンモニア臭・・・腎機能の低下、全身疲労など

●皮脂腺が活発になり独特の体臭・・・甲状腺機能亢進症、パーキンソン病

●便の腐敗臭・・・便秘

●腐った肉のような匂い・・・歯槽膿漏、肺炎、気管支炎、鼻炎、蓄膿症

●腐った魚のような匂い・・・魚臭症(酵素欠損による代謝異常)

●腐った卵のような匂い・・・消化不良、胃腸の病気

●べたべたする大量の寝汗・・・結核、白血病

 

自分の体臭に気付くことはなかなか難しいですが、

体臭が強く出るのは首筋なので、

自分の枕をたまに嗅ぐようにすると、

異変を察知しやすくなります。

 

まずは健康な状態のニオイを覚えておくようにして、

それまでと違う体臭を強く感じるようになったら

医師に相談しましょう。