夜中に脚がムズムズして眠れない悩みの解消法


夜中に脚がムズムズして眠れない悩みの解消法夜、横になったけれど、なんだか寝付けない・・・

だけならまだしも、足がムズムズとし始めて、

じっと寝ていることすら出来ずに苦悶したことはありませんか?

 

この症状は、「レストレス・レッグス症候群」、

「下肢静止不能症候群」、「むずむず脚症候群」などと呼ばれていて、

じっとしていられないほど脚がムズムズしてしまう

なんとも悩ましい現象です。

 

正確な原因は不明ですが、神経伝達物質であるドーパミンの機能低下、

中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常、

脊髄(せきずい)や末梢(まっしょう)神経の異常、

遺伝的な要素などが考えられています。

 

また、鉄欠乏性貧血、パーキンソン病、尿毒症、妊娠、糖尿病、

痛風、結核、肝炎、肺炎、関節リウマチ、

胃切除後の下肢静脈血栓などの状態にある人や、

慢性腎(じん)不全で人工透析をしている人、

抗うつ薬や抗精神病薬を服用している人などに多くみられます。

 

調査によると、日本では人口の3~5パーセントにみられ、

およそ130万人の発症者がいます。

症状の軽い人も含めると、200万人近くになります。

 

年代別と性別でいえば、40歳以上の中高年に多く、

特に40~60歳の女性に多くみられます。

不眠症の発症者の10人に1人の割合で、

下肢静止不能症候群の人がいるともいわれています。

 

体験した事のある人ならお分かりでしょうが、

この症状からくる不快感には独特の耐え難さがあります。

 

ストレッチなどの運動で解決する場合もありますが、

深刻な睡眠不足による日常生活への影響があるのなら、

薬で解決するという方法も選択肢に入れる必要があります。

 

 

脚を動かすとしばらくおさまり、すぐにまたムズムズ

 

この症状の特徴は、

脚がムズムズしてじっとしていられないという事に尽きます。

 

布団を蹴ったり、脚を動かす事で一時的に症状が治まりますが、

すぐにまたムズムズが再開する・・・といったように、

いつまでも際限なく繰り返すムズムズに朝まで悩まされるのではと、

思わず途方にくれてしまいます。

 

あまりにもこの不快な症状が続くと、眠りを妨げる事になり、

睡眠不足から仕事や勉強・家事などにも支障をきたします。

 

 

夕方から夜にかけて症状が多くなる理由

 

この「下肢静止不能症候群」を一番発症しやすい時間帯は、

やはりなんと言っても睡眠をとろうと身体を横にした時です。

 

その次に、一度寝入ってから眼が覚めて、

再び寝ようとした時に起こることが多くあります。

 

また、意外と多いのが、夕方や夜に帰宅する電車の中です。

「今日も疲れたなぁ」と電車のシートに座っている時にも、

ムズムズし始めることが多かったりします。

 

このような症状が起きると、じっと座っている事が苦痛になり、

結局立っている方がまだ足踏みなどできるだけマシ、

という気持ちになってしまいますよね。

 

このように、「下肢静止不能症候群」は、

1日の活動を終えた夕方から夜が多く発生する傾向があります。

 

それには脳の働きに関係があると言われています。

 

脳内から出る神経伝達物質のドーパミンは、

交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにする

交換スイッチの役割を果たしています。

 

人間は通常だと昼間の活動時間に交感神経が優位になり、

反対に、活動を終えようとする夜から副交感神経が優位になります。

 

このドーパミンによるスイッチの切り替えがうまく働かないと、

身体と脳が緊張状態からいつまでも解放されずに、

副交感神経へとうまく切り替わらないことになってしまうため、

夕方から夜にかけて症状が出やすくなるわけなのです。

 

 

睡眠前の軽いストレッチが効果的

 

脚をバタつかせると症状が一時的に改善されるように、

睡眠前のストレッチは「ムズムズ脚症候群」の防止に効果的です。

 

脚の筋肉を伸ばす運動なら何でも効果ありますが、

特に良いのは「屈伸運動=スクワット」です。

 

これは特に無理な体勢で行う必要はありません。

洗面所やキッチンの縁につかまったり、壁に手をついたりして、

楽な姿勢でスクワットをしてみましょう。

 

また、睡眠直前よりは、

20~30分程度前にストレッチをする方が効果的です。

 

脚のマッサージをして筋肉をほぐしたり、

股関節の筋肉を刺激するように10秒程度片足立ちをすると

改善されることもあります。

 

ただし、本格的に身体を動かすような運動をすると、

交感神経が活発になってしまい、

かえって症状が悪化してしまいますので、

あくまでも軽い運動に留めるように注意しましょう。

 

その時にはなるべく部屋の照明を暗くして、

脳を睡眠の準備状態に持って行けば、

さらに良質な睡眠を得る事ができるようになり、おすすめです。

 

もちろんお風呂ではゆっくりとお湯につかって、

気分をリラックスさせたりして、

副交感神経を優位にしておく事も必要です。

 

日常生活の改善としては、カフェインは脚の不快感を強くしたり、

眠りを浅くすることがあるので、コーヒーや紅茶などの摂取を制限しましょう。

たばこに含まれるニコチン、アルコールも同様ですので、

特に症状が現れやすくなる夕方以降は摂取を控えるようにしてください。

 

そのほかにも、安眠のためにしておくと良いことを、

「健康も美も若さも手に入れる!良い睡眠のためにやるべきこと」

という記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

 

 

薬に頼るのも解決方法のひとつ

 

ゆっくりお湯につかってリラックスしたり、ストレッチをしたり、

日常生活での改善を試みても症状が改善されない場合、

思い切って医師へ相談して投薬治療するのも一つの方法です。

 

下肢静止不能症候群や周期性四肢運動障害で起こる不眠は、

睡眠薬を服用しても解消されません。

下肢静止不能症候群の場合は、睡眠障害を専門にしている医療機関を受診し、

適切な治療を受ける必要があります。

 

昔はこの症状を理解している医師も少なく、

ただ普通の精神安定剤を処方するだけのものでしたが、

今では幅広く認知されていますし、時間はかかりますけれど

専門の医療機関にて適切な治療が可能となっています。

 

処方される薬には、抗てんかん薬や

ドーパミン神経機能を高めるものがあります。

 

「眠れない!」というのは、美容だけではなく精神的にもよくありません。

特にこの「ムズムズ脚症候群」は眠たいのに睡眠を妨げられるという事もあり、

酷い場合はうつ症状にまで追い込まれます。

 

自分なりにぐっすり眠れる環境を工夫する事も大切ですが、

どうにもならない場合は専門医にて適切な診断をあおぐ事が必要です。