知らないと怖い?「めまい」の基礎知識と対処法


知らないと怖い?「めまい」の基礎知識と対処法「めまい」は誰にでも起こる症状で、

立ちくらみや睡眠不足など、些細な要因でもめまいは起きます。

 

ですが、めまいには種類があり、原因もさまざまです。

たかが「めまい」と思ってそのままにしていると、

深刻な病気に発展することもありますので、

めまいについて基本的な知識を持つようにしましょう。

 

また、めまいを起こした時の対処法なども知っておくと、

慌てることなく対処できますし、苦痛も軽減されます。

 

めまいを起こさないための予防方法なども、覚えておくと役立ちますよ。

 

 

症状別「めまい」の特徴

 

めまいの症状は、グルグル目が回る「回転性めまい」、

フワフワと身体がふらつく「浮動性めまい」、

クラッとする「立ちくらみのようなめまい」の3つに大きく分けられます。

 

それぞれのめまいの特徴と原因を知ることで、

めまいの対処法も解ってきます。

 

●目がグルグル回る「回転性めまい」

周囲や自分自身がぐるぐる回っているようなめまいは、

耳の異常が原因とされています。

 

他に耳がつまった感じ、音が聞き取りにくい、耳鳴りがする、

などの症状を伴うこともあり、放っておくと、難聴になる恐れもあります。

また、脳出血や脳梗塞といった脳の異常が原因で起こることもあります。

 

<めまいの症状>

  • 自分自身がグルグル回っている感じ
  • 周囲がグルグル回っているように見える

 

<めまいに伴う症状>

  • 音が聞こえづらい(難聴)
  • 耳がつまった感じ
  • 耳鳴りがする など

 

●フワフワふらつく「浮動性めまい」

急に、あるいは徐々に症状があらわれ、

フワフワ身体が揺れて、浮いている感じにまっすぐに歩けなくなり、

さらに顔面や手足のしびれ、運動麻痺などをともなうめまいは、

脳の異常が原因で起こることが多いとされています。

 

<めまいの症状>

  • からだがフワフワした感じでふらつく
  • まっすぐ歩けない
  • 姿勢を保つのが難しい

 

<めまいに伴う症状>

  • 頭痛
  • 顔面や手足のしびれ
  • 運動まひ など

 

●クラッとする「立ちくらみのようなめまい」

立ったときにクラッとする、目の前が真っ暗になる、失神する、

といった症状のめまいは、血圧の変動に関係する

全身性の病気が原因として考えられます。

 

<めまいの症状>

  • 立ち上がるとクラッとする
  • 時に目の前が暗くなる

 

<めまいに伴う症状>

  • 失神

 

 

めまいはなぜ起こるのか?

 

私たちの身体には、姿勢のバランスを保つ機能が備わっています。

この機能に異常を来すと、めまいが起こります。

その機能をつかさどる場所のひとつが、耳です。

 

そのほかに脳や神経に異常がある場合、血圧の変動に関係する全身の病気、

さらには不安や心配事、ストレスなど、原因はさまざまです。

 

 

耳が原因で起こるめまい

 

耳は音を聞く働きのほかに、身体のバランスを保つ働きもあります。

そのため耳に異常が生じると、主に回転性めまいが起こります。

 

また、異常が生じている場所によって、

耳鳴りや吐き気・嘔吐などの症状があらわれます。

 

●耳石の侵入

内耳の前庭(ぜんてい)という場所にある耳石(じせき)がはがれ、

身体のバランスを保つ器官である三半規管に入り込んでしまうと、

めまいが起こります。

 

これは「良性発作性頭位めまい症」という病気です。

 

自然治癒で治ることがほとんどですが、

症状がつらい場合は病院に行くと吐き気止めなどを処方してくれます。

また、めまいに慣れる訓練方法などもあるので、

耳鼻科に行って指導してもらうといいでしょう。

 

●リンパ液の増加

内耳を満たしている液体である「内リンパ」が増え過ぎると、

内耳がむくみ、めまいが起こります。

 

「内リンパ」が増え過ぎた状態を内リンパ水腫と呼び、

めまいのほか、難聴(とくに低音の聞こえが悪い)や耳鳴り、

耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。

 

内リンパ水腫が原因の病気に「メニエール病」があります。

 

●神経の炎症

身体のバランスを保つ情報を脳へ伝える前庭神経に炎症が起こると、

正常に情報が伝わらず、めまいが起こります。

 

これは「前庭神経炎」という病気です。

 

前庭神経炎は風邪をひいた後に発症することが多いため、

ウイルス感染や血液の循環障害が原因で炎症が起こるのではないか、

と考えられています。

 

その他にも、中耳が炎症を起こす病気の「中耳炎」の影響が内耳に及び、

前庭などの内耳の働きに異常が生じてめまいが起きたり、

髄液が内リンパ腔に漏れる「外リンパ瘻」という病気によるめまいがあります。

 

 

脳が原因で起こるめまい

 

脳内の特定の場所や、運動機能をつかさどる小脳やその近くの脳幹で、

血管が詰まったり、出血したり、腫瘍ができたりすると、

めまいが起こることがあります。

 

●梗塞・出血

「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹に十分な血液が運ばれず、

働きが異常となり、めまいが起こります。

 

●血流不全

首から脳へとつながる椎骨動脈と脳底動脈の血液が不足すると、

脳に十分な血液が運ばれず、めまいが起こります。

これは、「椎骨脳底動脈循環不全」という病気です。

 

●腫瘍

身体のバランスを保つ情報を脳へ伝える働きをしている、

前庭神経に腫瘍ができるとめまいが起こります。

 

これは、「聴神経腫瘍」という病気です。

また、その他の「脳腫瘍」でもめまいが起こります。

 

 

その他の原因で起こるめまい

 

血圧が急激に変動すると、脳に送られる血液量が不安定になり、

めまいが起こることがあります。

 

代表的な病気には、高血圧、低血圧、不整脈、低血糖、貧血、などがあげられます。

横になった状態や座った姿勢から急に立ち上がったときや、

急激に体を動かしたことによる血圧の低下「起立性低血圧症」によるめまいも

上記の中に含まれます。

 

また、ストレスや不安、心配事などがあるとめまいを起こしやすくなります。

 

それはストレスなどによって交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、

血管が収縮したり、更年期でホルモンバランスが乱れることで、

めまいを引き起こすからです。

 

できるだけ小さなことを気にしたり、クヨクヨしたりしないようにして、

自分なりのストレス解消法を見つけたりすることで、

なるべくストレスをためないようにしましょう。

 

 

めまいが起きたときの対処法

 

もしめまいが起こっても、落ち着いて慌てずに対処するようにしましょう。

 

●安静を保ちましょう

明る過ぎない静かな所で横になり、楽な姿勢をとってください。

「激しい頭痛」「手足に力が入らない」「舌がもつれて話しづらい」などの症状がなければ、

めまいが軽くなるまで安静を保ちましょう。

 

ただし、上記の症状がみられる場合は、できるだけ早く救急病院を受診してください。

 

●まずは気持ちを落ち着かせましょう

不安な気持ちを抱くとめまいが悪化することがありますので、

あわてず気持ちを落ち着かせて行動しましょう。

 

●頓服薬を飲みましょう

めまい発作のときに飲むお薬(抗めまい薬、吐き気止め、不安をやわらげる薬など)が

あらかじめ処方されていれば服用してください。

 

めまいが何度も続くようであれば、自己診断だけに頼らず、

一度病院に行って診察を受けて原因をはっきりさせておきましょう。

 

 

めまいを起こさないための予防法

 

めまいは、生活リズムが乱れたり、ストレスがたまったりすると起こりやすくなりますので、

次のようなことを心掛けてめまいを予防しましょう。

 

●規則正しい食事をとりましょう

栄養が不足すると血行不良となり、めまいが起こりやすくなります。

栄養バランスを考え、1日3食を規則正しくとりましょう。

なお、水分や塩分の制限を勧められた場合は主治医の指示に従ってください。

 

●お酒は控えめにしましょう

お酒は脳の機能を低下させるので、めまいが悪化する可能性があります。

また、お酒の飲み過ぎは生活リズムを乱す恐れがあります。

 

●コーヒーの飲み過ぎに注意しましょう

リラックスする程度に飲むのであれば問題ありませんが、

飲み過ぎるとコーヒーに含まれるカフェインの作用によって興奮したり、

夜中にトイレに起きたりするようになって眠れなくなることがあります。

 

●タバコは控えめに。禁煙をお勧めします。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くするので、

めまいが起こりやすくなります。

 

●睡眠を十分にとりましょう

睡眠不足が続かないよう、十分な睡眠をとりましょう。

また、できるだけ同じ時間に就寝・起床するように心掛け、

生活のリズムを整えましょう。

 

●旅行に出かける前に主治医に相談しましょう

乗り物に乗って窓からの景色を眺めたり、気圧の変化を感じたりすると、

神経のバランスが乱れる恐れがあります。

事前に主治医に相談してアドバイスしてもらいましょう。

 

また、余裕のある旅行日程を計画しましょう。

 

●ストレスをためないように気分転換をしましょう

ストレスの原因を減らすよう工夫しましょう。

また、適度な運動や趣味を楽しむなど、気分転換をしましょう。