全身ポカポカ!血行を促進して美肌になれる名脇役食材!


全身ポカポカ!血行を促進して美肌になれる名脇役食材!寒くなり、身体が冷え続けると、血行が悪くなってむくんだり、

肌のつやが無くなったりと、冷えは美肌に悪影響を及ぼします。

 

ホッカイロに腹巻きなど外から身体を温める方法もありますが、

ぜひ身体の中から温める事もしてみましょう。

 

身体を温める食材といえば、「しょうが」のイメージも強いですが、

実は漢方の一つでもあり、これからの寒い季節、

お鍋での活躍も光る「ネギ」のパワーを紹介します。

 

 

香り成分に身体を温めるアリシン

 

ねぎにはその独特の香りの正体である、

アリシン(硫化アリル)という成分が含まれています。

 

これはにんにくや玉ねぎにも含まれる成分です。

 

アリシンは糖質をエネルギーに変える働きをするビタミンB1を、

体内で無駄なく使えるようサポートしてくれる働きがあり、

その結果体力回復に役立つほか、血行促進作用にもすぐれていため、

身体を中から温めてくれます。

 

さらに肩こりなども軽減してくれる、イチオシ成分です。

 

 

葉の部分には美肌へ導くβカロテン

 

βカロテンは体内に入るとビタミンAとして働きます。

 

お肌の粘膜を保護する働きがあるので、

皮膚の正常化にも役立つ栄養素です。

 

角質化を防いでくれるので、美肌へ導く重要な栄養素です。

 

 

白い部分には美白の味方ビタミンC

 

ビタミンCも粘膜などを強くし、風邪をひきにくくしてくれるほか、

メラニン色素の発生を防いでくれるなど美白にも一役かってくれます。

 

またコラーゲンの生成に必須なので、お肌のハリにも重要な栄養素です。

 

 

ストレスから身体を守るカルシウムも

 

意外なことに、ネギにはカルシウムも多く含まれています。

 

カルシウムにはイライラを抑える働きがありますので、

美容の敵であるストレスから身を守るためにも

ネギは役立ってくれるです。

 

 

調理のポイント

 

アリシンは揮発性で熱に弱いので、

長く加熱すると甘い成分に変化します。

 

玉ねぎをアメ色になるまで炒めると甘くなるのは、

この作用によるもので、ネギも同じように甘くなります。

 

アリシンの効果を存分に発揮させたい場合は、

なるべく生に近い状態で食べましょう。

 

また、水に溶けだす性質があるので、

白髪ネギなどにしてさっと水にさらす事をおすすめします。

 

おいしいネギの選び方

 

スーパーでネギを買うときには、

 

●葉の緑が鮮やかで濃いもの

●白い部分がより長いもの

●茎がしっかりしていて締まったもの

●葉ねぎの場合は、葉が鮮やかでピンっとしているもの

●表皮が乾燥していないもの

 

を選ぶようにしましょう。

 

また、ネギを保存しておく場合は、

養分をとってしまう根の部分は切り落してから、

ポリ袋などに入れて野菜室に入れるようにしましょう。

 

泥つきのままの場合は、

新聞紙にくるんで冷暗所に立てておくか、

庭などの土に浅く埋めておくことをおすすめします。

 

定番のしょうが、今回ご紹介したネギ以外にも、

身体を温めてくれる食品はまだまだあります。

 

いろいろな食材で身体の中からポカポカさせる、

血行促進生活をぜひ試してみてください。