低体温は病のもと!身体を冷やさず、基礎体温を上げる方法


低体温は病のもと!身体を冷やさず、基礎体温を上げる方法毎日暑い日が続いていますので、

できるだけ涼しく過ごしたいものですが、

身体を冷やしてしまうことで、基礎体温が低下すると、

ありとあらゆる病気のリスクを高めてしまいます。

 

なぜ、体温が低下することが、

そんなにも大きなリスクになるのかというと、

私たちの身体の免疫力の仕組みに理由があります。

 

身体が温まると、血行が良くなるということは

みなさんご存知のことと思いますが、

血液は私たちの体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、

かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。

 

そして、血液の中には、免疫機能を持った白血球が存在し、

その白血球が体の中を循環し続けていることで、

体の中に異物がないかパトロールし、健康を維持しています。

 

ですから、体温が上がると血液の流れが良くなることで

免疫力が高まるのに反して、体温が下がると血液の流れが鈍くなり、

免疫力も下がってしまうのです。

 

 

低体温による免疫力への影響

 

本来、私たち人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、

体温が1℃下がると、免疫力が約30%以上も低下することになり、

健康に大変大きな悪影響があるといわれています。

 

体温が下がると、体内に異物を発見しても、

素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなるため、

ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまうのです。

 

さらに、体温が35℃になると、

ガン細胞が最も増殖しやすい状況になります。

 

実は健康な人でもガン細胞は1日に5000個もできているのですが、

白血球は、ガン細胞が体の中にできるたびに、

免疫細胞で攻撃して死滅させてくれています。

 

低体温になって血流が悪くなることによって、

ガン細胞が1つでも免疫の監視システムをかいくぐって生き残ると、

1個が2個、2個が4個、4個が8個と倍々ゲームのように増えていき、

やがてはガンに姿を変えてしまうのです。

 

その反面、体温が正常に保たれていれば、

これらの免疫システムが正常に働いてくれますし、

基礎体温が36.5℃であればほぼガンにならないと言われています。

 

まずは、自分の基礎体温を把握して、

低体温を改善し、血流を良くしておくことが、

免疫力向上と健康の保持につながるのです。

 

また、体温が低いと、基礎代謝が低下し、新陳代謝が悪くなるため、

太りやすくなり、ダイエットの妨げにもなってしまいますので、

キレイのためにも身体を冷やさないように気をつけて、

低体温を改善するようにしましょう。

 

 

低体温になる原因とは

 

低体温の原因としては、

冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎ、甘い食べ物の食べ過ぎ、

自律神経の乱れ、住環境の影響、ストレスなどさまざまな要因が考えられますが、

運動不足による筋力低下と、ビタミン・ミネラル不足の2つが、

もっとも主要な原因ではないでしょうか。

 

50年前と現在とで、日本人の体温の平均は0.7度近く下がっていますが、

その理由の1つとして、現在のライフスタイルが、

明らかな運動不足になっていることが挙げられます。

 

運動量が低下するということは、筋肉量が減少するということですが、

筋肉は人体最大の熱産生器官ですから、筋肉が少なくなると、

体温も下がり、基礎代謝も下がります。

 

基礎代謝が落ちれば、カロリーが消費されにくくなり、

内臓脂肪も増加してしまいますが、この内臓脂肪組織からは、

20種類以上の悪玉ホルモン(アディポサイトカイン)が分泌されています。

 

これらが血管に炎症をもたらすことで血栓を作りやすくなったり、

インスリンの働きを弱めてしまうことで、

高血圧、糖尿病の元凶となることが解明されています。

 

加齢とともに基礎代謝は落ちていきますから、

筋肉量を増やすことはあらゆる病気対策に必要なのです。

 

また、ミネラル・ビタミンが不足することが、

なぜ低体温の原因になるのかと言うと、

体内でブドウ糖をATP(≒エネルギーや熱)に変化させるために、

亜鉛・セレン・鉄・マグネシウムといったミネラルや

ビタミンB1・B2などのビタミンが必要だからです。

 

ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、

食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、

体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。

 

最近の食事の傾向として、加工精製食品に頼ることが多くなり、

タンパク質・脂肪・糖分を過剰に摂取している反面、

ミネラル・ビタミンは不足しがちになっています。

 

また、食べない系ダイエットといった無理なダイエットをしていると、

さらににミネラル・ビタミンは不足してしまいます。

 

こうした食生活の乱れや、

無理なダイエットによるミネラル・ビタミンの不足が、

低体温を引き起こす重要な原因になっているのです。

体温を上げて、低体温を改善するためにも、

ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食事を心がけましょう。

 

その他にも、エアコンの普及で汗をかきにくい環境にあることや、

人間関係や経済面の問題、家族問題などの複雑化により、

日常生活で生じるストレスの影響も深刻になっているなど、

時代の変化によって、私たちはますます

低体温になりやすい要因を抱えるようになってしまっています。

 

 

運動や生活習慣で低体温を改善

 

人間の体の発熱エネルギーの4割は筋肉から産まれますので、

筋肉の量が多いほど発熱量も多くなります。

 

通常、加齢による筋肉の減少率は年間で約1%と言われています。

そして、もし1日中まったく筋肉動かさないで過ごしたとすると、

たった1日で0.5%もの筋肉が失われることになります。

つまり、たった2日間で1年分の筋肉を失う計算になります。

 

筋肉を維持するためには、

毎日の生活で適度な負荷をかけ続けることが必要です。

 

人間の筋肉の7割は下半身にありますので、

効率よく筋肉を鍛えるためには「歩く」ことがおすすめです。

 

また、スクワットやもも上げ、かかとの上げ下げなど、

下半身の運動を継続的に行うことや、

筋肉をほぐして血流を良くするストレッチを習慣づけることも

たいへん効果的です。

 

そして、生活のなかで低体温を改善するには、やはり入浴が重要です。

1日1回、湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります。

大切なのは毎日続けることです。

 

最近はシャワーで済ませる人も多いようですが、必ず湯船につかりましょう。

 

さらに、42℃くらいのちょっと熱めのお湯につかって、

体内のHSP(ヒートショックプロテイン)の量を増やすことで、

いっそう免疫力を上げることができます。

(参考:「美肌になるための入浴法」

 

HSPは、ガン化するおそれがある細胞内の不良タンパク質を

修復してくれる働きをしてくれます。

 

その他にも、腹巻でおなかを温めるようにしたり、

ひざやひじの関節の冷えも全身を冷やしてしまう原因になりますので、

レッグウォーマーやアームウォーマー、保温サポーターで冷え対策をして、

低体温を改善し、基礎体温を上げていく上で役立ちます。

 

 

食事で低体温を改善

 

食生活で低体温を改善するための基本的な注意点としては、

冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにすること。

糖分には体を冷やす作用があり、低体温の原因となるので、

できるだけ食べないようにするようにしましょう。

 

冷たいものを口にすると体を冷やすだけでなく、

内臓機能を低下させ、消化不良や下痢、胃もたれしてしまいます。

飲み物も氷入りの冷たいものではなく、常温か温かいものにしましょう。

 

当然ながら、温かい食べ物・飲み物で身体を温めることも欠かせません。

 

さらに、たんぱく質は体内で熱に変わりやすいので、

たんぱく質の摂取も忘れないようにしましょう。

 

おなかいっぱい食べ過ぎることも良くありません。

食べ過ぎは胃腸に送り込む血液循環を悪化させ、

消化不良や胃もたれになり、便秘や下痢の原因にもなります。

 

身体を冷やしてしまう食材、

身体を温めてくれる食材をまとめましたので、

ぜひ参考にしてください。

 

■身体を冷やす食材

 

身体を冷やす食材は基本的に生野菜、暑い季節に採れるもの、

白砂糖をつかった甘いもの(菓子類)、乳製品、冷たい飲み物や

カフェインの入ったものと言われています。

 

・冷たい物

水、酢、ビール、ウイスキー、コーラ、ジュース、アイスクリーム、生野菜サラダ

 

・暑い季節に採れるもの

トマト、キュウリ、レタス、スイカ、メロン、マンゴー、バナナ、パイナップル、

コーヒー、緑茶

 

・甘いもの

ケーキ、クッキー、スナック菓子

 

・乳製品

牛乳、バター、マヨネーズ、生クリーム、ヨーグルト、チーズ

 

■身体を温める食材

 

基礎体温を上げる食材は、基本的に色の濃いもの(黒いもの・赤いもの)や、

根菜類または寒い季節に採れるものと言われています。

 

・根菜類

ごぼう、にんじん、レンコン、ねぎ、たまねぎ、山芋、カブ、にんにく

 

・動物食品

赤身の肉、卵、魚、魚介類

 

・色の濃い食品

赤ワイン、和菓子、黒砂糖、黒ゴマ、玄米、そば、海藻、紅茶、ニラ、

ショウガ、唐辛子

 

・寒い季節に採れるもの

りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン、みかん、ゆず

 

・塩気のある食べ物

味噌、しょうゆ、明太子、ちりめんじゃこ、漬物、佃煮

 

これらの食材を意識しながら、たくさんの種類の栄養を取ってください。

体が本来の働きをするために必要なビタミンミネラルは46種類。

栄養素の数もできるだけ多く取るようにしてください。

 

基礎体温が上がることのメリットは下記の通り幅広くありますので、

じっくりと継続的に、低体温改善に取り組むようにしてくださいね。

 

  • 基礎代謝が上がって、太りにくい体になる
  • ストレスに強く、病気になりにくい健康な体になる
  • 新陳代謝が活発になり、細胞レベルからアンチエイジング効果がある
  • エネルギーを消費が高まって内臓脂肪の解消につながり、メタボ対策になる
  • 血流がよくなり、細胞に十分な酸素と栄養が供給される
  • 骨そしょう症の予防になる
  • 腸のぜん動運動が活発になり、便秘や大腸がんの予防になる
  • 脳の血行がよくなり、記憶力低下や認知症の予防になる