ちょっと一息でキレイと元気をアップ!身近な飲み物の健康効果まとめ


ちょっと一息でキレイと元気をアップ!身近な飲み物の健康効果まとめあなたはちょっと一息つきたいとき、どんな飲み物を飲んでいますか?

 

きっと、お気に入りの飲み物があったり、

こだわりの飲み方をお持ちの方もいられるのでは。

 

そんな休息の一杯を、さらに効果的に楽しみたい。

どうせなら健康にも美容にもいい飲み物を選びたい。

という方の参考になるように、

私たちの身近な飲み物の健康効果についてまとめてみました。

 

 

カフェインについて

 

休息の一杯として愛されている飲み物を大きく二つに分けるなら、

カフェインが入っている飲み物と、

ノンカフェインの飲み物とになるのではないでしょうか。

 

コーヒーや紅茶、緑茶などでカフェインを摂りたい人、

ハーブティーや麦茶で、カフェインを避けたい人、

好みは人それぞれ違いますよね。

 

カフェインには、眠気をストップさせ、頭の回転をよくする覚醒効果があり、

集中力とやる気をアップさせ、効率よくスピーディに仕事をしたい時にも有効です。

また、利尿作用があるため、むくみ解消にもよいとされています。

 

その反面、利尿作用があるということは、体を冷やすように作用する側面もあり、

冷え症の症状を悪化させたり、内臓機能を低下させるなどの

デメリットが挙げられます。

 

今回のまとめでは、ノンカフェインの飲み物について、

その旨の表記をしていますので、そちらも含めて参考にしてください。

 

そもそもカフェインが体質に合わないという人もいますし、

カフェインを多量に摂取しすぎると中毒症状を起こす場合がありますので、

自分が美味しく飲めて元気になれる飲み物を選んで、

適度な量で楽しむようにしてください。

 

 

コーヒー

 

ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」を多く含み、

紫外線などで引き起こされる肌の黒化(シミ)を効果的に防いでくれます。

1日に3杯ほどのコーヒーと、普通に食事や飲み物をとることで、

「美白&シミ予防」ができると言われています。

 

他にもクロロゲン酸の作用として、抗ガン作用、抗肥満作用、口臭抑制作用、

血圧抑制作用、花粉症対策としての効果が挙げられます。

 

 

紅茶

 

タンニンに含まれる「紅茶フラボノイド」は、

様々な病気の要因と言われる活性酸素から身体を守る抗酸化物質として、

血中コレステロール抑制作用、動脈硬化抑制作用、血糖上昇抑制作用、解毒作用、

抗アレルギー作用、抗菌作用、制ガン作用、消化促進作用、脂肪分解作用

などで注目されています。

 

テアニンは紅茶のうまみや甘みになる大切な成分で、

リラックス作用などの効果があります。

また、カフェインの刺激を押さえてくれるので、

安心して飲めるばかりか、飲み口もまろやかにしてくれます。

 

 

緑茶

 

緑茶に含まれる抗酸化物質カテキンは代謝をあげ、

脂肪を燃やしてくれるため、体重を減らしたい人に適しています。

 

また、緑茶は口内のバクテリアをコントロールし、唾液の酸度を下げることで、

歯垢を減らしたり、更には虫歯を防ぐ効果があるといわれています。

 

その他にも、消炎効果で歯茎の健康を守ったり、口臭予防効果もあります。

さらに、カテキンは風邪やインフルエンザのウイルスに結合し、

感染力を弱める効果があるので、風邪の予防にもなります。

 

 

ウーロン茶

 

半発酵のウーロン茶は、緑茶よりもさらにダイエット効果が高いと言われ、

脂肪の燃焼を促進し、体内の脂肪やコレステロールを減らしてくれます。

 

緑茶には含まれていないメチル化カテキンというカテキンを豊富に含み、

抗アレルギー作用やガン抑制効果を発揮するとされています。

また虫歯予防や口内環境の改善にも効果が期待できます。

 

 

麦茶 [ノンカフェイン]

 

麦茶独特の香ばしい匂いのもとであるピラジン類は、

血小板が固まるのを防ぎ、血栓をできにくくし、

血液の流れを良くする血液サラサラ効果があります。

 

そして、体幹部の体温を効果的に下げつつも、末端は冷やさないことから、

冷え性の人も安心して飲むことができる、暑い夏場のクールダウンに最適な飲み物と言えます。

 

Pクマル酸に抗酸化作用があり、ガンや脳卒中、心筋梗塞原因にもなる

活性酸素を攻撃し、生活習慣病などの予防に役立ちます。

さらに、胃の粘膜を保護し、糖尿病の合併症を防止したり、

炎症を抑える作用、虫歯を予防する作用などが報告されています。

 

 

そば茶 [ノンカフェイン]

 

そば茶には、メラニン色素の生成を抑える作用を持った

シス・ウンベル酸という成分が含まれていることから、

お肌の美肌・美白効果が期待できるとされています。

 

また、そば茶に含まれるポリフェノールの一種であるルチンは、

高血圧、糖尿病、動脈硬化など生活習慣病の予防・改善に効果があります。

 

 

杜仲茶 [ノンカフェイン]

 

杜仲茶に含まれているイリドイド配糖体のゲニポシド酸には、

血圧下降作用が認められており、血行障害改善や肝臓の治癒、

関節痛改善や鎮痛効果があるとされています。

 

また、利尿作用を促し、老廃物の排出を助けるため、

便秘などで悩んでいる方におすすめです。

 

さらに、内臓脂肪を減少させたり、

動脈硬化を改善し血管を若返らせる効果があるとされています。

 

 

黒豆茶 [ノンカフェイン]

 

黒豆に含まれる大豆イソフラボン、アントシアニン、 サポニン、レシチン、

ビタミンEなど豊富な栄養素を含んでおり、

健康効果や美容効果が期待できます。

 

また、血中コレステロールの酸化を防ぎ血液をサラサラにする効果や、

体脂肪の蓄積を抑制し脂肪の代謝を促進するといったことから、

肥満解消にも貢献すると言われています。

 

 

マテ茶

 

マテ茶は、飲むサラダと言われるほど

食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。

代謝の促進や、便秘など腸のトラブル改善にも活躍します。

 

マテ茶のミネラル成分はアミノ酸とくっつくことで吸収されやすくなるので、

お肉料理と一緒に摂るとさらにパワーを発揮してくれます。

 

また、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種フラボノイドが、

血中の中性脂肪や悪玉コレステロール値を低下させ、

さらには食事でとった脂質の酸化を抑制し、太りにくい体に導いてくれます。

 

 

ジャスミンティー

 

ジャスミン茶にはビタミンC、E、そしてミネラルが豊富に含まれていて

気分転換やリラックス、美容に高い効果があります。

 

また、ジャスミンの香り成分であるベンデルアセテートをかぐことで、

右脳が刺激されて、自律神経の緊張を緩和してくれたり、

集中力アップやストレス解消につながる事が科学的に証明されています。

 

さらに、脂肪分解促進作用、脂質吸収抑制作用(膵臓リパーゼ抑制)が

実験で確認されています。

 

 

プーアル茶

 

プーアル茶の減肥効果は、他のお茶と違い、

二つのダイエット効果があるという点において特に注目されています。

一つは脂肪吸収ブロック効果、もう一つが脂肪燃焼促進効果です。

プーアル茶はこれら二つの効果によりダイエットの強い味方と言えます。

また、糖尿病の予防や、コレステロールを下げる効果もあります。

 

さらに、消化やアルコールの排出を助けたり、

茶葉に含まれるフッ素が歯や骨を保護し、

虫歯予防、骨粗鬆症に効果があるといわれています。

 

 

ルイボスティー [ノンカフェイン]

 

ルイボスティーにはミネラルをはじめ、ビタミン、カルシウムが

バランスよく含まれており、多くの健康、美容効果が報告されています。

 

たとえば、活性酸素を除去するSOD様酵素が多く含まれおり、

シミ、ソバカス等肌の老化に関係する活性酵素を取り除くことで、

アンチエイジングに効果的と言われています。

 

さらに、腸の動きを活発にして、便通をよくする働きや、

皮膚の健康を守ったり、体臭を防いでくれる効果もあります。

 

 

ロースヒップティー [ノンカフェイン]

 

ローズヒップにはオレンジの20倍、レモンの60倍ものビタミンがあり、

「ビタミンCの爆弾」と呼ばれるほど豊富にビタミンCを含んでいます。

 

ビタミンCは紫外線の影響を抑えたり 美肌、美白効果にも最適です。

他にも不足しがちな鉄分やカルシウム、ビタミンA、ビタミンE、Βカロテン、リコピンなどの

身体にうれしい成分を気軽に摂ることができます。

 

 

ダンディーライオンルートティー [ノンカフェイン]

 

ダンディーライオンとは「西洋タンポポ」のことで、

その根を煎って作るお茶はとても香ばしく、

ノンカフェインの“タンポポコーヒー”として知られます。

 

肝臓、胆のうの不調改善に効果があり、肝臓を強化してくれるため、

消化不良による便秘を改善してくれます。

また、体内の余分な塩分や水分を排出してくれるので、

むくみが気になる人や血圧が高い人におすすめです。

 

 

カモミールティー [ノンカフェイン]

 

ストレスからくる腹痛や生理痛などを落ち着かせてくれます。

神経を鎮めることで安眠効果もありますので、

睡眠不足・不眠気味な方におすすめですし、

体を温める作用があるので、風邪の時にも効果があります。

 

また、カモミールティーに含まれるアズレンには、

消化器系の炎症を抑える効果が強いと言われています。

そのため、歯肉炎や口臭予防に効果的です。

 

さらに、アピゲニンという成分には抗酸化作用があるため、

ガン予防・老化防止・アレルギー症状の緩和に作用します。

 

 

牛乳 [ノンカフェイン]

 

カルシウムやビタミン、ミネラル(カリウム、リン、マグネシウム)、

たんぱく質などを含み、これらの栄養素を摂取することで骨や歯が作られ、

細胞の成長を助けます。

 

また、精神安定効果もあるので不眠症の方にもお勧めです。

日中、イライラした時にもホットミルクを飲むと、神経の興奮を抑えることが出来ます。

ストレスを感じる時はコーヒーよりも牛乳の方が体にも心にも良いでしょう。

 

 

ココア

 

ココアには、カカオ・ポリフェノールという成分が含まれていて、

動脈硬化や糖尿病、ガンの発生などを抑制してくれます。

 

またリグニンという種類の食物繊維が、悪玉コレステロールを減らし、

善玉コレステロールを増やすはたらきがあり、

大腸がんの予防や便秘解消に効果を発揮します。

 

ミネラルも豊富に含まれており、特に鉄分が多いので、

貧血気味の人や生理のある女性におすすめです。

さらに、ショウガ以上に体を温めて、冷えを改善してくれる効果もあります。

 

 

 

このようにまとめてみると、どの飲み物も毎日いっぱい飲みたくなりますね。

 

しかし、どんなに素晴らしい効果のある飲み物でも、

そればかりを飲みすぎれば、栄養が偏ってしまうことになりますし、

身体に負担をかけてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

状況や、体調、気分に応じて、飲み物の種類を変えたりしながら、

キレイと元気のために役立ててくださいね。

 




1記事で参照 “ちょっと一息でキレイと元気をアップ!身近な飲み物の健康効果まとめ