あなたの便秘はどのタイプ?4つの便秘パターンを見極めて対策しよう


あなたの便秘はどのタイプ?便秘パターンを見極めて対策しよう毎日の快便は美腸や美肌のための大前提です。

 

便秘は大きく4つに分類されることをご存知ですか?

 

確実に、そして効率良く便秘を解消するためにも、

まずは自分の便秘パターンを見極めましょう。

 

 

習慣性便秘

 

習慣性便秘とは、その名の通り、

生活習慣が原因となる便秘の代表的な症状です。

 

便意を感じてもトイレに行かないことが習慣になり、

そのことが原因で便秘になってしまっているのが、

この習慣性便秘です。

 

トイレを我慢していると、

胃や直腸の反射が弱くなってしまうことで

便秘グセがついてしまいます。

 

恥ずかしい、行きづらい、といった理由でトイレを我慢したり、

忙しいためにトイレに行くタイミングを失うことが続いていると、

このような症状が起きやすくなります。

 

我慢は便秘の大敵なので、便意を感じたら

なるべくすぐにトイレに行くように意識することで、

便秘の解消に繋がります。

 

 

弛緩性便秘

 

弛緩性便秘とは、大腸の筋肉が弛緩してしまい、

蠕動運動がきちんと行われなくなってしまうことにより、

大腸の働きが低下し、便秘になってしまう症状のことです。

 

便を押し出す力が足りないことが原因で引き起こされ、

妊娠・出産後や胃下垂の人がなりやすい便秘です。

 

大腸の蠕動運動が正常に行われないことで、

便が大腸内に長く留まり、便が硬くなってしまい、

さらに便が出にくくなってしまうという悪循環に陥りがちです。

 

毎日腹筋をするなどして、押し出す力を付けることが、

便秘解消への糸口になります。

 

 

食事性便秘

 

野菜や果物類を食べなかったり、

食物繊維をあまり摂らない偏った食生活や、

食べる量が極端に少ないことなどによって、

本来腸壁にかかるべき刺激がかからず、

便意が起こりにくくなってしまうのが食事性便秘です。

 

ダイエット中に便秘がちになる人も少なくないのですが、

その場合は食事性便秘の可能性が疑われます。

 

過度な食事制限によるダイエットは控えて、

胃腸のことを考えた食生活を意識することが、

身体を内外からキレイにする近道かも知れません。

 

 

けいれん性便秘

 

精神的なストレス、疲労、過労などによって、

自律神経が上手く調節出来ず、

大腸の働きが鈍くなることで起こる便秘です。

 

便秘と下痢を交互に繰り返したり、

コロコロした丸くて硬い便しか出ないといった症状が

けいれん性便秘を見分ける特徴です。

 

ストレスや疲労から解放されると、簡単に解消することもありますので、

このような便秘の症状になった時は、

自分の心の状態を見つめなおしてみると良いかも知れません。

 

便秘といっても様々な原因と症状があるからこそ、

便秘に陥ってしまった場合はその原因を見極めて、

正しく素早く改善してゆきたいものですね。