秋の味覚キノコを食べるなら「70度蒸し」が絶対おすすめな理由


秋の味覚といえば、美味しくて、

美容にも健康にもうれしいものばかりですよね。秋の味覚キノコを食べるなら「70度蒸し」が絶対おすすめな理由

 

そのなかでも、「キノコ」は食物繊維とビタミンが豊富で、

美肌づくりにもってこいの食材です。

 

実はこのキノコの食べ方に、ほんのちょっとこだわるだけで、

驚くほどにその栄養効果をアップさせることができるのです。

 

今が旬の「キノコ」に秘められた力と、

簡単でありながら、血流を良くすることで美肌にも好影響をもたらしてくれる

驚きの調理法を紹介します。

 

 

キノコに含まれる栄養素

 

まずはキノコに含まれている栄養素と、その効果をおさらいします。

 

ビタミンD:骨を丈夫にするカルシウムの吸収を助けます。

ビタミンB1:疲労回復に役立ち、糖質をエネルギーに変えてくれます。

ビタミンB2:美容のビタミンともいわれるお肌の味方のビタミン。

ナイアシン:二日酔いの味方になるビタミンで、肌荒れや冷え症の改善を助けます。

カリウム:余分なナトリウムを排出し、血圧の降下に役立ちます。

食物繊維:便秘を改善し腸内をキレイに保ち、またコレステロール値を抑える働きをします。

 

そして、しいたけに含まれる特有の成分エリタデニンは、

血中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、

動脈硬化の改善、血圧降下、脳血管性痴呆症を抑制しますし、

まいたけ特有の成分、X-フラクションはインスリンを正常に保ち、

糖尿病の予防と治療に効果が期待されています。

 

キノコはほとんどカロリーのない食材ですので、

ダイエット中の食事に最適な上、腸内のお掃除までしてくれます。

 

さらにビタミンなども多く含んでいますので、

美容のための強い味方になってくれます。

 

 

70度蒸しで栄養素をアップ!

 

普通に食べても美味しくて栄養豊富なキノコですが、

さらに栄養素をアップさせることができる調理のコツがありました。

 

その調理法のポイントは、70度という温度です。

 

通常、温野菜などの蒸し料理をする場合には、

100度近い温度で調理する事が多いと思います。

ですが、70度で低温蒸しにすることで、

キノコの栄養をさらに高められることが解ったのです。

 

実はキノコの栄養成分・旨味成分・香り成分は

100度以上で調理すると壊れてしまうのですが、

旨味成分を作る酵素が働くのに適した70度の低温状態を保ちつつ調理すると、

キノコに含まれるグアニル酸という旨味がぐんぐん増していくのです。

 

さらに、蒸したきのこが血液の流れに与える影響について調べた結果、

70度で蒸した時に、血液の流れを良くする機能(血小板凝集抑圧)が

最も高まるということが確認されたそうです。

 

 

70度蒸しの簡単なやり方

 

(1)鍋に半分以上水を入れて沸騰させる ※少ないと空炊きになるので要注意

(2)沸騰したら鍋の上に網を乗せ、鍋と網の間に温度計を差し込む。

(3)火を消して、網に食材を乗せ、ボウルなどの蓋を被せる。

(4)温度計が75度以上になったらボウルと鍋の間に箸などですき間を作って温度を下げる。

(5)65度~75度で食材を蒸す事がポイント。基本は、どんな食材もおよそ20分。

 

温度計一本でキノコを美味しく、

そして栄養も倍増させられるなんて、

ぜひとも試してみたい調理法ですよね。

 

ゆっくり低温で蒸すとでんぷんが糖に変わり甘くなり、

タンパク質が美味しくなりますので、

キノコ以外の食材も同じように

「70度蒸し」してみることをおすすめします。

 

たとえば、通常の蒸し方をした牡蠣と70度蒸し方した牡蠣を比べてみると、

70度蒸しした牡蠣の見た目は生の牡蠣とほとんど変わらないのに比べ、

通常の蒸し方をした牡蠣は小さく縮んでしまいます。

 

また、通常の蒸し方だと牡蠣のコラーゲンが熱で固まり、

水分が抜け、旨みや栄養素が減ってしまう一方で、

70度蒸しでは、水分や旨みが残ったまま、臭みが消える、

絶妙な蒸し上がりになります。

 

魚や肉は縮まないだけではなく、

余分な油が落ちて柔らかくふっくら仕上がりますし、

きのこや野菜は旨みが凝縮し、色も鮮やかなまま調理できますよ。

 

ただし、魚や肉を70度蒸しにしてそのまま食べるときは、

非加熱で食べられる生食用を使用するようにしてください。

 

また、豆類やいも類、根菜類は高い温度(85度以上)で

長時間、蒸さないと柔らかくなりませんので、

食材に応じて蒸し方を使い分けるようにしてください。

 

 

70度蒸しに向いている食材

 

70度蒸しにするのに向いている食材は以下の通りです。

 

●魚介類

貝や魚は生臭さなどが取れ、旨みは逃げず、プリプリとしておいしく仕上がる。

蒸しただけでもおいしくいただけるが、軽く表面を焼いたり、煮たりしても良い

 

●葉物野菜

シャキシャキとした触感になりアクも取れる。

素材本来の味を楽しむことができる。

また煮崩れしにくくなるので蒸したあと鍋に入れても良い。

 

●キノコ類

美味しくなるだけではなく栄養素がアップする。

 

●トマト

甘味が強くなる。潰してトマトソース代わりにしても良い

 

●大根

70度蒸ししてから大根おろしにすると、

1週間経っても美味しく食べられる。

 

70度蒸しで、いろんな食材を美味しく、栄養アップさせながら食べることで、

キレイと元気のために役立ててくださいね。