ニンニクの匂いを気にせずに美味しく食べる秘訣


ニンニクの匂いを気にせずに美味しく食べる秘訣イタリアン、フレンチ、中華、韓国料理、焼肉……。

美味しくて女性だ大好きなお料理には、

ニンニクが使われていることが多いですよね。

 

また、ニンニクは美味しいだけでなく、

キレイと元気のために役立つ栄養がたっぷり含まれている、

健康食材でもあります。

 

そんなニンニクを、なるべく匂いを気にせず、

しっかりたっぷり食べるための秘訣を紹介します。

 

 

ニンニクの栄養

 

ニンニク特有の匂いのもとは、

硫化アリルの一種アリシンという物質です。

 

このアリシンには、

健康を高める多くの効果があることが解っています。

 

●疲労回復や滋養強壮

アリシンはビタミンB1の吸収を助けることで、

糖質をエネルギーに変換させる働きを高め、

新陳代謝をよくして、滋養強壮、疲労回復、

ダイエットにも効果を発揮します。

 

また、スコルジニンという成分も含まれており、

これも疲労回復、新陳代謝促進作用があります。

 

●強力な殺菌効果

アリシンは、赤痢菌、チフス菌、コレラ菌、淋菌など

細菌を完全に撃退します。

戦前の結核が不治の病気であった時代には、

生のニンニクが頼りにされていました。

 

アリシンは強力な殺菌力を保持していることが、

さまざまな研究により証明されています。

 

●赤血球を増加させる

また、アリシンには血管内の血液の新陳代謝を促進し、

血栓を溶かしたり、血液循環を促進させ、

動脈硬化予防、高血圧予防、老化を予防する効果もあります。

 

●免疫力を高め、がんの予防にも

さらに、アリシンには、ガン細胞の活性化を抑え、

免疫力を高めて、ガンの予防、改善効果もあります。

 

また、ニンニクに含まれているアホエンという成分も

最近たいへん注目されています。

 

アホエンは生の状態のニンニクには含まれておらず、

50~80℃で加熱されると、アリシンが分解してアホエンに変化します。

 

アホエンの効果・効能は、

 

・コレステロールの正常化

・血液をサラサラにし、動脈硬化など循環器系の病気の予防

・脳を活性化して記憶力アップ

・尿酸を減少させ、痛風を予防

・活性酸素を減少させる美肌効果

・疲労、ストレス回復効果

 

など、さまざまなものがあります。

 

アホエンは脂溶性のため油と一緒にとると吸収がよくなりますが、

100℃以上の高温で加熱すると壊れやすくなるため注意しましょう。

 

 

美味しいニンニクの選び方

 

ニンニクは、白くふっくらしているもの、

外の皮がしっかり重なっていて重みがあり、

一片一片が茎にしっかりついているものを選びます。

 

皮が茶色になっているものは鮮度が落ちているので避けましょう。

もちろん、緑色の芽が出てしまっているものも避けてください。

 

割高にはなっても国産のニンニクのほうが味がよいので、

ニンニクを主役にして食べるときは国産のものがオススメです。

 

 

ニンニクの匂いを抑える調理法

 

ニンニクの匂いの原因になるアリナーゼという酵素は、

空気に触れると活発に作用します。

 

アリナーゼは熱に弱いため、

加熱することでその働きを止めることができます。

 

ニンニクの匂いを気にせずたっぷり食べたいときには、

ニンニクをなるべく粒のまま調理したり、

しっかりと火を通すようにすると、

匂いを激減させることができます。

 

ニンニクをスライスで使いたいときは、

断面を空気に触れさせないようにするため、

スライサーなどを使って水中で切ると匂いを抑えられます。

 

そして、さらに小さくニンニクを刻みたい時も、

繊維にそって包丁を入れると匂いが広がりにくくなります。

 

ニンニクを炒めるときは、冷たい油から加熱して、

しっかりと火を通すようにしましょう。

 

また、レモンやショウガなど、

防臭作用のある食材とともに調理することも効果的です。

 

 

オススメの調理法

 

ニンニクの匂いを抑えて美味しく食べるために、

たっぷりのオリーブオイルにニンニクを丸ごと入れて、

低温でじっくり煮るアヒージョ風の調理法がオススメです。

 

ニンニクの気になる匂いもなくなり、

ホクホクの食感のニンニクを

たくさん美味しく食べることが出来ます。

 

そのときに使ったオリーブオイルも、

ガーリックオリーブオイルとして容器に入れて保存しておくと、

パスタやチキン料理などの風味づけに使えて便利です。

 

マッシュルームや他の具材も加えて、

本当にアヒージョのように楽しむのも美味しいですよ。

 

 

食べたあとのニンニクの匂いを消したいとき

 

匂いを抑える調理法でニンニクを食べても、

やっぱり匂いが気になるときには、

次のような対処法が効果的です。

 

●梅昆布茶を飲む

昆布茶と梅干しには口臭除去作用があるため、

ニンニクを食べたあとの口臭ケアに最適です。

梅昆布茶がなければ、昆布茶でもかまいません。

 

●生リンゴを食べる

リンゴに含まれるポリフェノール、別名“アップルフェノン”が、

ニンニクの臭いを抑制してくれます。

特にリンゴの皮にアップルフェノンが多く含まれているので、

摂取する場合は皮ごとカットした生リンゴがおススメです。

 

早ければ30分ほどで匂いが消えます。

 

●パセリを食べる

パセリに含まれるアルファーピレンという物質が、

ニンニクの匂いを分解し、消臭剤のような役目を果たします。

 

今回紹介したニンニクの匂いを抑える調理法と、

ニンニクを食べたあとの口臭ケアを取り入れて、

毎日の元気とキレイのために、

たっぷりとニンニクを食べるようにしてください。