ビタミンCを上手に摂るためにお酢の力を役立てよう


ビタミンCを上手に摂るためにお酢の力を役立てようビタミンCは美肌のために欠かせないものですが、

熱に弱く成分が壊れやすいため、

食べ物から摂るためには調理の仕方に工夫が必要です。

 

また、一度に大量に摂っても体外に排出されてしまうので、

効率よく毎日摂るようにすることが重要です。

 

そこで、ビタミンCを上手に摂るために、お酢(ビネガー)の力が、

とても役に立つことをご存知でしたか?

 

 

ビタミンCの吸収率を高め、酸化を防ぐ

 

ビネガーにはビタミンCの吸収率を高めてくれる効果があります。

 

また調理に使うとビタミンCの酸化を防ぐ効果もあるので、

毎日の食生活でビタミンCを摂るためのサポート役にもってこいなのです。

 

さらに、お酢に含まれるアルギニン、プロリンはコラーゲンの原料となり、

シミや肌荒れ、ハリや保湿力をアップさせる働きをもっていますし、

シスチンはメラニン色素を減少させ、シミ予防に効果があります。

綺麗な肌を保つためには、必要な栄養を取り入れることと、

いらないものをきちんと排出することが必要です。
酢は血行を内部からよくし、新陳代謝を盛んにするので肌に老廃物を残さずにすみ、

しわもでにくくなって肌も若々しく保たれるようになります。

そして、酢が胃腸の調子を整えることで消化吸収を助けるため、

食物繊維と一緒にとれば便秘解消にも役立ちます。

便通がよくなれば肌荒れ・吹き出ものや肩こり、頭痛なども減っていきます。

 

どんなにビタミンCが大量に入っている素材でも、

体内にきちんと行き届くことができなければ効果は期待できません。

 

食事からビタミンCを摂りたい時はビネガーも一緒に摂って、

きちんと体内にビタミンCを届けてあげてください。

 

●ビタミンC豊富な食材

  • 赤ピーマン (170mg)
  • 黄ピーマン (150mg)
  • ゆず果皮 (150mg
  • アセロラジュース (120mg )
  • レモン全果 (100mg)
  • パセリ (120mg)
  • 芽キャベツ (110mg)
  • ケール (81mg)
  • ピーマン (76mg)
  • ゴーヤ (76mg)
  • めんたいこ (76mg )
  • 柿 (70mg)
  • キウイフルーツ (69mg)
  • レッドキャベツ (68mg)
  • モロヘイヤ (65mg
  • いちご (62mg)
  • ししとう (57mg)
  • 水菜 (55mg)
  • ブロッコリー (54mg)
  • カリフラワー (53mg)
  • レモン果汁 (50mg)
  • パパイヤ (50mg)
  • ロースハム (50mg)
  • ベーコン (50mg)

※食品100g当たりのビタミンCの含有量

 

 

ビタミンCがたくさん摂れるお手軽簡単レシピ

 

毎回毎回お酢を使ったお料理を作るのも大変ですので、

簡単で作り置きできるオススメレシピを紹介します。

 

●かんたんピクルス

野菜をお酢に漬けておくだけで、

いつでもぱくっと食べられるし日持ちもするようになります。

ご飯で1品足りないと言う時にも大助かりです。

 

1番簡単な作り方は「すし酢」を使うことです。

ビタミンCがたっぷりなお野菜(カリフラワー、ピーマン、キャベツなど)を、

適当に切ってすし酢と鷹の爪を入れた保存瓶やジップロックに入れるだけ。

 

半日漬ければもう食べられる状態になりますよ。

 

●かんたんフルーツの酢漬け

こちらも1回作れば手軽にいつでも飲めます。

 

材料は、米酢400cc、フルーツ400g(ビタミンCの多いもの。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類がオススメ)、三温糖400g。

 

フルーツは皮を取って適当な大きさに切り、

それを三温糖とお酢を入れた保存瓶で漬けるだけ。

1週間ぐらい経てば飲み頃になります。

 

お水や炭酸水、ジュースなどで割って飲めば美味しいですよ。

 

 

どちらも日持ちもするし、

1回作るといつでも好きな時に摂れるのでオススメです。

 

美肌に効果的なビタミンCを摂るのに、

ビネガーの力を役立ててみてください。