気分もリッチに!ごちそうを食べてキメの整った美肌になろう!


気分もリッチに!ごちそうを食べてキメの整った美肌になろう!美肌を作るために大切なのは、何よりも食べる物です。

 

美肌のための食生活を毎日ずっと続けていくためにも、

値段のお手軽な美肌食がありがたいのは確かですが

ときには贅沢なごちそうで優雅な気分になりながら、

キメの整った美肌になってしまうというのも魅惑的です。

 

ちょっぴりリッチな気分になりながら美肌を作りたい、

そんな時にオススメなのは、お寿司です。

 

お酢の美肌効果はもちろん、EPAやDHAといった、

お魚に多く含まれる成分が美肌作りに役立ちます。

 

そして、中でも特にオススメなのが「ウニ」なのです。

 

 

美肌に役立つウニのパワー

 

ウニには、βカロテン、ビタミンB群、葉酸、カリウムなど、

多くのビタミンとミネラルが含まれています。

 

特に豊富なのが葉酸で、ウニ30g(お寿司二貫程度)で、

厚生労働省が定める1日の推奨量の約45%を摂取する事ができます。

 

また、ウニに含まれる非必須アミノ酸のグリシンは、

コラーゲンを構成するのに大切なアミノ酸で高い美肌効果があります。

 

 

グリシンのお肌に嬉しい3大効果

 

●美肌効果

グリシンは、コラーゲンを生成するアミノ酸のうち、

約1/3を占めると言われています。

 

また、グリシンなどのアミノ酸は、

天然保湿成分(NMF)の約40%を占めているため、

健康的なお肌を維持するのに欠かすことが出来ないものです。

 

このアミノ酸が不足すると角質層が荒れて、

肌荒れを起こしやすくなります。

 

グリシンの経口摂取によりお肌の水分量がアップして、

お肌のバリアー機能も高まったという研究結果も報告されています。

 

お肌の水分量が保たれることで、キメの整った美肌が保たれるだけでなく、

バリアー機能も高まり、肌荒れも防げるということですね。

 

●安眠&成長ホルモン分泌活性化効果

グリシンには末梢血管を拡張させて、身体の表面の温度を上昇させることで

身体内部の温度を下げる効果があります。

 

眠りにつくとき、私たちの身体は自然と身体の内部の温度を下げます。

 

実際に、グリシンの摂取により睡眠の質・量ともに改善されたという

研究結果も発表されています。

 

また、グリシンの摂取は、良質な眠りをもたらすとともに、

睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌を促す効果もあるそうです。

 

日々のお肌の再生のために、うれしい効果ばかりですね。

 

●リラックス効果

お肌の水分量を保ち、良質な睡眠が得られるだけでも、

充分な美肌食材と言えますが、グリシンにはもう一つ、

美肌作りに貢献してくれる効果があります。

 

それは、リラックス効果です。

 

グリシンは、セロトニンを増加させる効果があることが報告されています。

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、

心に安らぎをもたらす神経伝達物質です。

 

美味しいウニのお寿司を食べると、リッチで幸せな気分になりますが、

それはグリシンの働きも手伝っているのかもしれませんね。

 

以上に見てきたように、ウニは美味しいだけでなく、

本当に効果のある美肌食材でもあるのです。

ときには優雅に、お寿司で美肌づくりも良いものですよね。

 

ただし、ウニはコレステロールが多い食材でもあります。

 

お財布のためにも、一度にたくさん食べ過ぎないように

気をつけるようにしてください。

 

また、ウニ以外にも、美肌に役立つお寿司のネタには

次のようなものがあります。

 

 

さまざまな肌トラブルを防ぐ、穴子

 

穴子は、ウニと同じくビタミンAがとても豊富です。

ビタミンAは皮膚や粘膜を保護し、お肌の潤いを保ってくれます。

 

また紫外線からもお肌を守ってくれるので、

紫外線が原因で起こる乾燥や日焼け、シミやしわなど

さまざまなお肌トラブルの多くの原因を防いでくれます。

 

ただし、ビタミンAは脂溶性で体内に蓄積されますので、

摂りすぎにも欠乏にも気を付けなければいけません。

特に妊婦の方は、食べすぎに注意してください。

 

 

くすみ対策に役立つ、マグロ・アジ

 

EPAとDHAは、背中の青い魚にたくさん含まれていて、

血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

血液がサラサラになることは、

美肌づくりにとっても欠かせない要因の一つです。

 

血液が体のすみずみまで行き届き、新鮮な酸素を送り込むことで

お肌のくすみを改善することができるからです。

 

顔色が悪い方は、もしかしたら血液や酸素が

身体の細部まで流れていないからかも知れません。

 

なるべく青魚を食べるようにして、お肌のくすみ対策をしてください。

 

またEPAとDHAは、にんにくと併せて食べことで、

さらに血液サラサラ効果が期待できます。

 

 

シミ対策に役立つ、イクラ・鮭・えび

 

強力な抗酸化力を持つ赤い色素の「アスタキサンチン」を含む、

イクラ・鮭・えびは美肌のために外せないネタです。

 

紫外線による影響を抑えて、シミを出来にくくしてくれますので。

特にイクラはビタミンAも豊富なので、

穴子やウニ同様、お肌トラブルも防いでくれます。