ムダ毛の悩みは食習慣で解消できる!?


ムダ毛の悩みは食習慣で解消できる!?しつこいムダ毛のケアに手を焼いていて、

人知れず悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

しっかりとムダ毛の処理はしたいけど、

お肌に与えるダメージはなるべく抑えたいですし、

永久脱毛をすることもできるけど、

うぶ毛以上、ムダ毛未満の微妙な濃さの毛とか、

どうしたものか頭を悩ますところですよね。

 

世の中には、体毛の濃い人、薄い人がいますが、

その一番の要因は遺伝だと言われてますので、

基本的には覚悟を決めて自身のムダ毛を

受け入れなくてはいけないものではあります。

 

ですが、体毛の濃い薄いを決めるのは、

遺伝だけではありません。

 

普段の食生活によって、毛深さが変わる、という話をご存知でしょうか?

 

普段何気なく取っている食事ですが、

食べ物によってホルモンバランスが変わってくるために、

ムダ毛の濃さにも変化が現れてくるのです。

 

 

ムダ毛の生える原因

 

一般的に、

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が多いとムダ毛は薄くなり、

男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌量が多いと

毛深くなるといわれます。

 

ムダ毛が生える直接的な原因は、

男性ホルモンが毛母細胞を活性化させることなので、

男性ホルモンの分泌量が増えると、

毛母細胞に与える影響が大きくなるので、

ムダ毛が濃くなったり多くなったりするんですね。

 

例えば、野菜などはほとんど食べないで、

肉や魚が中心の食生活をしたとします。

 

こういった動物性タンパク質が多い食べ物は、

男性ホルモンの分泌量を増加させ、特に、牛肉の赤身などは、

男性ホルモンの分泌を活発にする効果があると言われています。

 

ですから、こういった食生活を続けていると、

男性ホルモンの影響から毛が濃くなったり、

生えるスピードが早くなってしまいます。

 

逆に、大豆に含まれている植物性タンパク質は、

女性ホルモンの分泌を助けます。

豆腐、納豆、豆乳などを積極的に食べていれば、

女性ホルモンの働きが活性化され、

男性ホルモンの働きが弱まることになるので、

毛が薄くなったり、生えにくくなります。

 

濃いムダ毛に手を焼いている方は、

食生活を改善して食べ物に気をつけることも

解決の一つになるかもしれません。

 

 

ムダ毛を濃くしてしまう食べ物

 

先ほども説明したように、

肉食ばかりを好む人は、毛深くなると言われています。

 

それはホルモンの働きと、毛穴の働きとによるものです。

 

体毛は、抜け落ちる際に「体内の毒素を外に排出する」という

働きを持っているのですが、肉をたくさん食べるほど

身体は「過酸化脂質」という毒素を

体毛や皮膚からどんどん外に出すようになります。

 

そのため体は、排泄を活発にするように毛穴が大きくなっていき、

その毛穴にあわせて毛も濃く太くなっていくようなのです。

また、この「過酸化脂質」は毛穴の黒ずみが目立つ原因にもなります。

 

同じ理由で塩分を過剰に摂取することも、

ムダ毛を濃くする原因になるので注意が必要です。

 

そして、GI値の高い食べ物もムダ毛を濃くする原因になります。

GI値とは、血糖値の上がり具合を相対的な比率で

数字に表したグリセミック指数(Glycemic Index)のことです。

 

この値が、高いほど血糖値が上がりやすくなり、

インシュリンが多量に分泌されます。

 

インシュリンが多量に分泌されると男性ホルモンである

アンドロゲン分泌も促進されることになり、

結果として、体毛が濃くなる可能性が高くなるのです。

 

高GI値の食品は、

白米(精米度の高い)、食パン、ロールパンなどの炭水化物、

ぶどう糖、砂糖、あんこ類などの甘いもの、

野菜ではジャガイモ、ニンジン 、かぼちゃが挙げられます。

また、野菜ジュース・果物ジュースも高GI値の食品です。

 

 

ムダ毛を薄くしてくれる食べ物

 

同じく先ほど説明したように、

ムダ毛を薄くする食べ物の代表は大豆製品です。

 

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモン類似作用があり、

食べることで、体毛を濃くするホルモンの働きを抑えるてくれるので、

毛の成長を遅くしたり、毛が細くする効果があります。

 

大豆にはそれ以外にも、健康と美容のための効果が盛りだくさんですので、

積極的に摂りたい食材の筆頭ですね。

(参考:「大豆は飲み物?キレイと元気のための効果を改めておさらい」

 

また、GI値の低い食品をなるべく食べることで、

アンドロゲンの分泌を抑制することができますので、

結果としてムダ毛を薄くすることに繋がります。

 

低GI値の食品は、

ほうれん草、玄米、さつまいも、ひじき、蕎麦などです。

 

これらの低GI値の食品は、ダイエットにも効果があり、

低インシュリンダイエットとして

ポピュラーなダイエット法にもなっているようです。

 

 

ムダ毛を濃くしない食生活の注意点

 

肉類と塩分、高GI値の食品を避けて、

大豆製品と低GI値の食品を食べるようにするとは言っても、

食生活においてもう一つ注意していただきたいことがあります。

 

それは、ストレスを受けることでも、

男性ホルモンであるアンドロゲンが多く分泌されるようになることです。

 

食生活とストレスというと、

やはり急激なダイエットによるものがありますよね。

食事制限などを急激に行うことは精神的に大きなストレスがかかります。

 

さらに言えば、GI値の低いものだけでは充分な栄養が取れませんし、

肉類にも身体の健康に維持するのに欠かせない栄養が含まれていますので、

あくまでもバランス良く食べることが基本です。

 

無理なダイエットをすると、身体の負担になるだけでなく、

体毛まで濃くしてしまうなんて、絶対に避けたいですよね。

 

ストレスを溜め込んだりすることなく、上手に解消することも、

体毛を薄くするためには大切なことです。

 

 

ムダ毛を薄くしないために冷え対策も

 

冷えもまた体毛を濃くする原因の一つと言われていますので、

身体を冷やさないように、生活の中で気をつけましょう。

 

食べ物には身体を冷やす作用をもつ物も沢山ありますので、

このような食べ物を摂り過ぎないことも重要です。

(参考:「低体温は病のもと!身体を冷やさず、基礎体温を上げる方法」

 

身体にいいと思われている生野菜でも、

身体を冷やしやすくという点では注意が必要ですし、

逆に根菜類は身体を温める作用があります。

 

飲み物では、コーヒーや麦茶などは身体を冷やし、

紅茶や黒豆茶などは身体を温める作用があります。

 

ムダ毛を薄くするための食習慣をぜひ参考にしてみてくださいね。