夏の乾燥肌は汗がポイント!正しいケアで美肌をつくろう


夏の乾燥肌は汗がポイント!正しいケアで美肌をつくろう
肌の乾燥は、肌組織にダメージを与えて老化を進行させ、

将来のシワやたるみの原因になるだけでなく、

肌が粉をふいたり、かさつき、かゆみなど、

いますぐになんとかしたい悩みも生み出します。

 

特にかゆみは、つい掻き始めてしまうと止まらなくなり、

血がにじむほど掻きむしってしまって、

さらに肌をいためてしまう悪循環のもとでもあります。

 

肌を乾燥させてしまう原因を知って、

しっかりと対策・予防したいものですね。

 

 

夏の乾燥肌と汗

 

乾燥肌は秋・冬になるもの、

というイメージを持っている方も

多いのではないかと思います。

 

じめじめした湿気の多い夏は、

皮脂の分泌が活発になるので、

お肌が一見うるおっているように見えます。

 

しかし、汗と一緒に

肌に必要な保湿成分と水分までが失われるため、

逆に乾燥しがちになっている場合も多いのです。

 

近年の日本の夏は猛暑の日が多いため、

どこへ行っても室内はエアコンが使用されていますよね。

 

室外へ出ると暑さのために大量の汗をかきますが、

そのまま室内に入るとどんどん汗が引いて乾いていきます。

このときに、肌に必要な潤い成分も一緒に奪われてしまうために、

乾燥肌が引き起こされてしまう、というわけなのです。

 

 

汗が乾燥肌の原因に

 

汗というのは、

目に見えなくても常に肌から出ています。

 

ガラスに手をあてると、ガラスが曇るのも、

目に見えない汗が、肌から蒸散して出ているからです。

 

お肌が敏感な人は、お肌のバリア機能が弱いため、

汗をかいたまま放置しておくと

あせもなどのトラブルの原因となってしまいます。

つまり、乾燥肌にとって汗は、天敵のひとつなのです。

 

もちろん、

まったく汗をかかないというのも良くないですし、

汗には体温を調節する働きがあるので

体にとって必要なことなのですが、

汗をかいてお肌が湿ってくると

ホコリなどの汚れも付着しやすくなります。

 

また、汗をかくと、

お肌に必要なうるおい成分が

汗や皮脂と一緒に流されてしまいますし、

汗が乾くときにはお肌に必要な水分まで奪われて

肌が乾燥してしまいます。

 

汗は、発汗したあとすぐに

角質層に入り込んでしまう性質があり、

こうして汗が角質層に入り込むと、

乾燥肌にとって大変なことになってしまいます。

 

角質細胞は水分を吸収して膨張するのですが、

水分によって膨張した皮膚の構造は、

水分が蒸発して乾くと、

元に戻るどころか縮んでしまうのです。

 

そのため、整然と配列していた角質細胞は乱れてしまい、

その隙間からセラミドも失われて、

スカスカの乾燥状態になってしまいます。

 

また汗は、水よりも角質を膨張させてしまうので、

セラミドは流出しやすく、

天然の美肌のバリアはその効力を失うことになります。

 

つまり、汗をかいた後の肌は、

とてもダメージを受けやすくなってしまっているのです。

 

 

汗をかいた後のケアをしっかりと

 

このように、汗をかいたあとそのままにしておくと、

肌にとって非常によくない状況を生み出してしまいます。

汗をかいた後は、しっかりと肌のケアをしてあげましょう。

 

●汗をしっかりと拭く

汗をかいたままにしておくと、

角質層が水分を吸収してふやけてきます。

 

ですので、汗をかいたら、

なるべく早く拭きとりましょう!

 

拭くときのポイントは、

こすったり、強く抑えたりしないように。

優しくそっと、吸い取るようにしてください。

 

水分をたっぷり含んだ角質層は、

とっても傷つきやすいので注意が必要です。

 

●しっかりと保湿

汗が蒸発した後は、

肌のうるおいも蒸発しています。

 

乾燥しがちなお肌に紫外線があたると、

一気に日焼けやしみを作る原因になります。

 

夏こそ保湿が鉄則です。

お肌への水分補給を忘れずに行いましょう。

 

●肌を守るベールを作る

汗をはじくために、

油分のベールをつくりましょう。

 

元気なお肌は、

みずみずしさをキープする天然の皮脂膜を持っていて、

そのおかげで、肌に汗がたまらず流れてくれます。

 

ところが、汗でふやけたお肌は角質層が未熟なために、

天然の皮脂膜をキチンと作れなくなり、

汗のたまりやすいお肌になってしまいます。

 

汗をかいたときは、失われた皮脂膜を補うように、

油分のあるクリームなどで、

お肌をしっかりとガードしましょう。

 

 

乾燥肌を改善する食生活

 

外からの保湿で、乾燥のアフターケアはできますが、

食事などによって乾燥肌を改善・予防することも大切です。

 

汗をかいたときは、

まずこまめな水分補給を心がけましょう。

(参考:「真夏を元気に乗り切る水分補給マニュアル」

 

肌の乾燥を防ぐには、

角質層からの水分蒸発を防いで肌を潤す栄養成分を

しっかり取ることが大切です。

 

バランスのよい食生活を基本に、

セラミドやビタミンA(レチノール、カロテン)、

肌のかさつきを予防する脂質、

新陳代謝を高める唐辛子・しょうが・カレーなどを

日常的に取り入れ、乾燥肌を予防しましょう。

 

●セラミド

皮膚の角質層に存在する脂質で、

皮膚を外部の刺激から守り、

角質層の水分を保持する働きを持っています。

 

セラミドが不足すると角質細胞の隙間が埋まらず、

皮脂膜も形成されにくくなり、

角質細胞に保持されている水分が蒸発して、

角質細胞間は隙間だらけになってしまいます。

 

セラミドは30代後半から減少するので、

積極的に食べ物で補っていきましょう。

 

セラミドを多く含む食品 :

大豆、生芋こんにゃく、米(胚芽部分を含んでいるもの)、

小麦、ヨーグルト、ほうれん草など

 

●ビタミンA(レチノール・カロテン)

皮膚や粘膜の潤いを維持し、

新陳代謝を促す働きを持っている脂溶性のビタミン。

 

不足すると皮膚表面の細胞がダメージを受けやすくなり、

皮膚がカサカサになってきます。

 

脂溶性なので油と一緒に取ると吸収されやすくなります。

 

ビタミンA(レチノール・カロテン)を多く含む食品:

▽レチノール

レバー(鶏、豚など)、肝油、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、

卵、ホタルイカ、ウナギ、アナゴ、アユの内臓など

 

▽カロテン

緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、しその葉、パセリ、にら、ほうれん草、

小松菜、春菊、明日葉など)、海苔、ワカメ、緑茶など

 

●脂質

脂質不足は皮膚のかさつきの原因になります。

 

脂肪酸はエネルギー源になると同時に、

細胞や血管を作る働きを持っており、

肉・卵・乳製品など動物性食品に含まれる飽和脂肪酸と、

植物油や魚介類に多く含まれる不飽和脂肪酸に分けられます。

 

脂質を多く含む食品 :

▽飽和脂肪酸

肉類、卵、乳製品など

 

▽不飽和脂肪酸

植物油(紅花油、コーン油、ひまわり油、大豆油など)、DGA・EPA(特に青魚)、

ごま、ナッツ類(松の実、ピーナッツ、アーモンドなど)、凍み豆腐など

 

●たんぱく質

皮膚の角質細胞はたんぱく質で形成されているので、

皮膚のバリア機能を守るためには良質なたんぱく質が必要です。

 

肉類には良質なたんぱく質が豊富ですが、

血中コレステロールを高める飽和脂肪酸も多いので、

肉類の取り過ぎには注意しましょう。

 

たんぱく質を多く含む食品 :

肉類、魚類(特にEPAやDHAを含む青魚)、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など

 

 

乾燥肌対策になる運動

 

適度な運動をする事は、

血行を良くして、新陳代謝を向上させるため、

乾燥肌の改善・予防に繋がります。

 

皮膚には、表皮のすぐ下まで毛細血管が通っていて、

酸素だけではなく、栄養を細部にまで運ぶという、

とても大切な働きをしています。

 

毛細血管によって運ばれた栄養は、

肌細胞を活性化させ、

肌の正常なせターンオーバーを促します。

 

冷えが肌の大敵だと言われるのも、

冷えて血行の悪くなった状態では、

充分な栄養を運べないからです。

 

毛細血管が充分に栄養を運ぶには、

血行が良くなくてはいけません。

 

適度な運動によって

血行の良くなった肌には、

すみずみまで栄養がいきわたることになります。

 

ウォーキングや散歩などのちょっとした運動をしたり、

また、普段の生活や家事の中でも、

日頃使わない筋肉を意識的に動かしてみましょう。

 

無理のない運動で身体を動かした後は、

スッキリとして、とても気持ちがいいですし、

ストレスの解消にもなります。

 

ストレスも乾燥肌を悪化させる一因です。

 

肌の表面を覆っている皮膚は、

常に皮膚呼吸を行っていて、

古くなった皮膚を落として

新しい皮膚へと生まれ変わる際、

一緒に老廃物も排出しています。

 

ストレスが溜まってしまうことによって、

ストレスホルモンが増えてしまい、

角質層の再生機能の周期がホルモンによって乱れると、

まだ熟していない細胞が表皮になってしまうのです。

 

すると乾燥から肌を守るバリア機能も不完全なものとなるので、

毒素が体内に溜まり、肌にトラブルを起こす原因となってしまいます。

 

また、精神的なストレスが原因となって

睡眠不足を起こしてしまうと、

さらに乾燥肌を悪化させてしまいます。

 

適度な運動をすることで、

乾燥肌になりにくい

健康的な肌と身体を作りましょう。

 

 

肌荒れがひどい時におすすめ

 

乾燥肌がかゆくなって、

思わず掻きすぎてしまったとき。

 

傷ついた肌を治すために、

オイルでスキンケアをすることを

おすすめします。

 

私がよく使っているのは、

バイオイルと馬油です。

 

バイオイルは、ビタミンA、ビタミンE、

ローズマリー、ラベンダーなど4種類の植物オイルを配合した、

残ってしまった傷跡のケアにも使える保湿オイルです。

 

サラッとした塗り心地で、

伸びがよく、とても使いやすいです。

 

馬油はいくつかのメーカーから出ていますが、

どこのドラッグストアにもたいてい置かれている

ソンバーユがおすすめです。

 

熊本で育った、上級食用国産馬からとった脂肪からのみ抽出した、

高品質な馬油100%の皮膚保護用化粧品です。

 

こちらもとても伸びがよく、

指先にちょこっと小豆大に取るだけで、

腕全体にまんべんなく塗ることができます。

 

どちらのオイルも、顔からつま先まで

全身に使うことができますので、

乾燥が気になる箇所のケアに試してみてください。

 

バイオイル 60ml

新品価格
¥1,040から
(2013/8/29 16:46時点)

ソンバーユ 無香料 70ml

新品価格
¥1,099から
(2013/8/29 16:47時点)


1記事で参照 “夏の乾燥肌は汗がポイント!正しいケアで美肌をつくろう