小顔でパッチリとした大きな目になるためにコリをほぐそう


小顔でパッチリとした大きな目になるためにコリをほぐそう美人の条件に必ずと言ってよいほど挙げられるのが

「小顔」と「大きな目」ですよね。

 

けれど、顔を小さくしたり、目を大きくしたりするなんて、

努力でどうにかなるものなの?と、思う方も多いのでは。

 

しかし、顔や目の大きさも日々のケアの仕方で変わるものなのです。

 

憧れの「小顔」と「大きな目」を手に入れるために、

日々の習慣によって、顔が大きくなってしまったり、

目が小さくなってしまうことがあることを知りましょう。

 

 

頭が疲れると、顔は大きくなる!

 

鏡を見たときに、なんとなく普段より顔が大きくなったと感じるときはありませんか?

その理由は、大きく分けて2つあります。

 

1つめは、加齢や体重の増加により顔に肉がついたことによって、

首から顔にかけてのラインが変化したことによるものです。

 

顔のなかでも、特に下部分が大きくなるのがこのタイプです。

顔だけではなく、全身引き締めることによって、

顔も自然にキュッと引き締まるため、ダイエットで小顔も手に入ります。

 

問題なのは、もう1つのタイプです。

 

長時間のパソコン作業など、体がストレスを感じている方は、

頭や首がこるため、リンパのめぐりが悪くなります。

 

すると顔全体がむくんでしまい、さらに頭蓋骨が広がりやすくなるため、

顔が全体的に大きくなってしまうのです。

 

 

コリを解消し、むくみ対策のツボを意識するだけで小顔に!

 

疲れにより大きくなった顔を小さく戻すには、

リンパの流れをスムーズにする必要があります。

 

首や肩甲骨を大きくまわすことで、

まずは頭から肩にかけてのコリを解消させて、

さらに特にコリ固まった部分をほぐします。

 

仰向けに寝ると、首の左右に筋が出ます。

そこを大きくつかんでグイグイとマッサージします。

気持ちいい、少し痛いと感じる部分をヒントに、

自分のコリのポイントを探しましょう。

 

さらに首の裏筋を、髪の毛の生え際から肩にかけて、

上からスーッと流していくようにマッサージしましょう。

オイルなど滑りやすいものを塗布してから行うのがオススメです。

 

また、顔周りのむくみにはツボ押しが効果的です。

唇とあごの間にあるくぼみをグッと押しましょう。

 

そして、首にかけての下あご(少しくぼんでいる部分)も、

同じように押しながら左右耳に向かって押し流します。

 

あご周りのむくみがスッキリするだけで顔の印象は大きく変わります。

顔周りのリンパの流れが滞ると、

むくみができるだけではなく、

肌代謝も悪くなり吹き出物や乾燥の原因にもなってしまいます。

 

オフィスでの休憩時間や自宅でのスキンケア時に、

ぜひ自分でできる小顔対策を取り入れてください。

 

 

おでこがこると目が小さくなる

 

むくみやすい目もとや、ほうれい線ができやすい口もとのマッサージを

毎日のケアに取り入れている方は多いと思いますが、

顔の中で一番こりやすく、疲労が蓄積してしまう、

「おでこ」は放ったらかしになっていませんか?

 

おでこがこっていると、顔のくすみやたるみが起こりやすくなるので、

さっそくマッサージをして、ほぐしてあげましょう。

 

私たちは無意識のときでも、意識をしているときでも、

表情筋を動かしています。

表情筋も体の他の筋肉と同じで、動かすことでこりが生じるのですが、

特におでこは、疲れや緊張が蓄積しやすく、

顔の中でも一番こりやすい部分だと言われています。

 

おでこがこってしまうと、まずたるみが起こり、

それが目の上にのしかかり、まぶたが重くなって目が小さくなってしまう、

という悪循環が起こってしまいます。

 

さらに、おでこやこめかみにリンパや血液が滞っていると、

顔色がくすむことにもなってしまいます。

 

目が小さくなって顔がくすむなんて事態は避けたいですよね?

そう思ったら、次に紹介するマッサージをしてみてください。

 

 

おでこのマッサージ法

 

おでこのマッサージ その1

手のひらの親指の付け根にあるふっくらとした部分を使い、

円を描くようにおでこを揉みほぐしましょう。

 

おでこのマッサージ その2

人差し指をカギ型に曲げた第二関節の部分で、

眉頭から生え際に向けてクルクルと円を描きながら動かしてほぐしましょう。

眉尻、こめかみ辺りまでマッサージをしたら、反対側も同様に行ってください。

 

おでこのマッサージ その3

おでこの横ジワを作らないように、皮膚を縦につまみながらほぐしましょう。

それから右手でこめかみを押さえ、左手でおでこを引き上げます。

反対側も同様に行ってください。

 

このように、マッサージをしておでこをリラックスさせると、

目元がスッキリするだけでなく、顔全体のリフトアップにもつながります。

 

目もと、口もとに加えて、上記のマッサージも

毎日のケアに取り入れてみてください。

 

 

手軽にできる顔の引き締めマッサージ

 

上記で紹介したコリをほぐすマッサージに加え、

疲れが溜まり、コリになってしまうことの予防にも繋がる、

いつでもどこでも手軽に出来るマッサージを紹介します。

 

●両耳をつまみ、外に引っ張りながらくるくる回す

耳の周辺には、頭皮とつながる筋肉が集中しているので、

耳周りの筋肉をほぐしてあげると、

仕事で疲れた顔も穏やかにほぐれます。

 

それだけではなく、耳回しには即効性があるので、

顔色が瞬時に明るくなり、健康的な印象に早変わりします。

 

●顎のラインを指でほぐす

顎のラインにはリンパ節が集中しています。

軽く押しただけでも痛いという人は、リンパの流れが滞っている証拠です。

 

人差し指を曲げたときの第二関節を上手に使い、

ちょっと痛いくらいに感じる強さで、耳の下から顎の先まで押していきましょう。

むくみも取れてスッキリしたフェイスラインになります。

 

しかも、顎下をプッシュするとリンパの流れが良くなり、

老廃物や毒素を流してくれますので、ニキビを予防の効果もあります。

 

●首から鎖骨へ向かってリンパを流す

顎のラインに引く続き、首にも大きなリンパ節が集中しています。

特に首から鎖骨のラインは、体中のリンパ液が集まるところでもあるので、

しっかりマッサージをすると、顔のくすみやむくみ、肩こりまで解消できます。

 

耳のうしろから鎖骨部分まで、人差し指、中指、薬指の三本を使って、

さするようにリンパを流しましょう。

 

●鎖骨をマッサージする

リンパ液の出口でもある鎖骨。

この出口が詰まっていると、せっかく流れてきた毒素も

溜まったままになってしまいます。

そうならないためにも、最後にしっかり鎖骨をマッサージしてください。

 

人差し指と中指で鎖骨を挟むようにして、外側に向かってさするようにしましょう。

ここで重要なのは、リンパの流れる方向を間違えないこと。

意識してマッサージをすれば、小顔効果だけではなく、首のシワも改善されます。

 

以上のマッサージをするだけで、顔の血行が良くなり、

むくみも取れてスッキリしたフェイスラインを維持できます。

 

仕事の休憩中や、電車での移動時間にも簡単にできるマッサージなので、

是非試してみてください。