秋の果実、栗と柿で美肌と若返り効果を!


秋の果実で若返りと美肌をあなたのものに!秋は実りの季節。

美味しくて身体にうれしい旬の食材が多く出回る時期ですね。

 

秋の味覚の中でも、「栗」は豊富なビタミンCを含み、

美肌を期待できるとても優秀な食べ物です。

 

また、栗は身体を温めてくれる効果がありますので、

少しずつ涼しくなってくるこの季節、

手先・足先の冷えを感じ始めてきた方におすすめです。

 

栗は、クルミやアーモンドと同じ、ナッツ類で、

滋養豊富で、低脂質のヘルシーな食材ですので、

美容のためにも積極的に摂っていきたいですね。

 

そして、秋のフルーツといえば、

「柿」も、健康と美容のためにうれしい効果がいっぱい詰まっています。

 

美味しい旬の果実を食べて、

キレイと元気のために役立てていきましょう。

 

 

栗の美肌効果について

 

栗はビタミン類を豊富に含んでいます。

 

ビタミンC

栗に含まれている成分の中でも、ビタミンCの含有量はとても多く、

美しく白い肌を作るためにとても役立ちます。

 

栗のビタミンCはデンプン質にコーティングされているため、

熱に強く、加熱調理をしても壊れにくいという特徴があります。

 

ビタミンB1

肌の新陳代謝を整えるビタミンB1は、

ハリのある健康な肌には欠かせません。

 

また、糖質をエネルギーに変える働きもありますので、

炭水化物やフルーツ・デザートを多く食べてしまったときも、

栗を食べることで、エネルギーとして使われやすくなります。

美肌のみならず、ダイエット中のデザートにも最適です。

 

疲労回復も期待できるので、

夏の疲れが出やすいこの季節にピッタリです。

 

ビタミンB2

細胞の成長を促し、老化防止ビタミンとして有名なビタミンB2も、

栗には多く含まれています。

 

抗酸化力が高く、ニキビの予防・改善にもつながります。

 

食物繊維

豊富な食物繊維でおなじみのゴボウやサツマイモより、

さらに多く食物繊維が栗には含まれています。

便秘解消に役立ち、整腸作用がある食物繊維は、

美肌のための大きな味方です。

 

「お肌は腸の鏡」と言われるように、

便秘で腸が荒れると肌トラブルが出てしまいます。

 

葉酸

皮膚細胞を正常にすると言われる葉酸は、

赤血球を作る働きもしています。

 

血行を促進して、肌の血色や艶を良くしてくれる、

美肌のために欠かせない栄養素です。

 

さらに、栗の渋皮には、

強力な抗酸化作用を持つタンニンが含まれており、

老化予防、抗ガン作用、抗菌作用、抗酸化作用などがあります。

 

渋皮煮にするなどして、皮も美味しく食べると、

さらに栄養をたっぷり摂ることができます。

 

美味しい栗を見分けるポイントは、

 

●皮に光沢があるもの

●皮に張りがあり、シワシワしていないもの

●変色していない(黒くなっていない)もの

●ずっしりと重みがあるもの

●虫食いがないもの

 

を選ぶことです。

 

固い皮に包まれているので意外な気がしますが、

実は、栗はあまり保存が利きませんので、

購入後、なるべく早く食べるようにしてください。

 

保存するときは良く洗ってから水気を取り、

新聞紙などに包んで冷蔵庫に保存してください。

 

皮栗の場合は1週間くらい、むき栗の場合は3日くらいで

調理を済ませて食べてしまうことをおすすめします。

 

 

柿の若返り効果

 

柿の主成分は糖質で、ブドウ糖、果糖、蔗糖を多く含み、

エネルギー化されるのが早いのが特徴です。

 

ビタミンC

正確にいえば、プロビタミンCという、ビタミンCの前駆物質で、

これが100g中に1gも含有されています。

 

プロビタミンCは体内に吸収されるとビタミンCとなって作用します。

大きめの柿なら、1個食べるだけで、

ほぼ1日分の必要量を摂取することができます。

 

ビタミンA

ほかの果物には比較的少ない、ビタミンAが柿には多く含まれています。

 

柿のオレンジ色はβカロテンによるもので、

ビタミンAの効力をもち、疲労回復、かぜの予防、高血圧症やガン予防、

肌のシミ、しわ、たるみなどの老化を防ぎながら、

肌荒れやニキビなどの炎症を治めてくれる効果があります。

 

干し柿にすると、生柿の時より、糖分は4倍、ビタミンAは2倍近くになり、

胃腸を丈夫にし、内臓を温め、疲労回復に効果があります。

 

また表面につく白い粉(柿霜=しそう)は、粘膜をうるおし、

せきを止め、たんを取り除く作用があり、

慢性の気管支炎や肺結核の予防に有効です。

 

タンニン

甘柿でも熟す前は、渋みがあります。

これはシブオールという タンニン成分が含まれているからです。

熟してくると、タンニンが変化して渋みを感じないようになります。

 

タンニンには、血圧を下げる効果があり、カリウムも含まれていますので、

利尿効果があり、飲酒後や二日酔いにはもってこいです。

 

カリウム

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、

高血圧に効果があります。

 

また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

逆にカリウムが不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすことがあります。

 

美味しい柿を見分けるポイントは、

 

●柿のヘタの形がきれいで、4枚揃っているもの

●形が大きくて、ずっしりと重みがあるもの

●色づきにむらがないもの

●色の濃いもの

●表面に糖分の白い粉(ブルーム)がついているもの

 

を選ぶことです。

 

ただし、柿は食べすぎに注意が必要な果物です。

 

とくに空腹時に多食すると、消化不良を起こしたり、

便秘の原因になったりしますので、1日に1~2個が適量でしょう。

 

柿に含まれる渋みの成分タンニンが、鉄分と結びつき、

貧血を起こしやすくするので、貧血の人は多食しないでください。

 

生柿の場合、体を冷やす作用があるので、

冷え性の人、産後の人、病後の人は食べ過ぎないように注意しましょう。

また、生柿は消化の良い食べ物ではないので、

胃腸の弱い人も多食しないほうが良いでしょう。

 

柿は葉っぱにもビタミンCが豊富含まれており、

実に負けないほど効力を発揮します。

 

柿の葉を日陰に干しておいてお茶にすると、すぐれた健康茶として利用できます。

このお茶は、ビタミンCの供給源として最適なほか、

常飲すれば新陳代謝を活性化させてくれますし、

動脈硬化の予防や高血圧症にもよく、利尿効果もあります。

 

その他にも、若葉を使った天ぷら、和え物、

サラダなどにして食べる方法もあります。


1記事で参照 “秋の果実、栗と柿で美肌と若返り効果を!