美肌づくりのために知っておきたい数字!ORAC値とは?


美肌のために知っておきたい数字!ORAC値とは?健康的な美肌をつくるために、

色の濃い野菜や果物、ナッツ類を食べましょう、

ということは良く聞きますが、

ORAC値という言葉はどうでしょうか?

色の濃い植物やナッツ類は、活性酸素を除去する

抗酸化力が高いといわれていますが、

この抗酸化力を数値化したものがORAC値です。

まだまだ聞きなじみのないORAC値ですが、

この値が美肌のカギを握っているとなれば、

是非とも詳しく知っておきたいですよね。

ORACとは?

ORACとは、

酸素ラジカル吸収能(Oxygen radical absorbance capacity)のことで、

食品やサプリメントの抗酸化力を科学的に分析する基準として、

今では米国を中心に世界的に用いられるようになってきました。

米国立老化研究所(National Institute on Aging)によって開発され、

米国農務省(USDA)によって改良が行われてきた値のことです。

ORAC値が高いほどアンチエイジング効果がアップ!

活性酸素は体を酸化させお肌もサビさせるものなのですが、

ORAC値が高いほど食材の抗酸化力が高く、

アンチエイジング効果が強いことを意味します。

1日の食事の合計で約3万のORAC値を摂取すると、

血中の抗酸化レベルが20%ほどアップする、

というデータも出ています。

ベリー類やナッツ類、色の濃い野菜、ハーブがやはり美肌のカギ

ORAC値の高い食品の上位は、イメージどおりハーブ類で占められています。

今後ますます、ORAC値の高いハーブをお料理に使いたくなりますね。

美肌女性にハーブや薬膳が好きな人が多いのもうなずけます。

しかしハーブは一度に使う量が少量なので、

その他にも、アサイーをはじめとしたベリー類、

パプリカやブロッコリー、紫キャベツなどの色の濃い野菜、

生姜、黒豆を含めた大豆類、などもたくさん摂るようにしましょう。

ターメリックやクミンシード、チリパウダーなど、

スパイス類もORAC値が高い食品ですので、

上記の野菜や豆類を入れたカレーを食べるのも、

ORAC値の高い食品を上手に摂る良い方法です。

(参考:『スパイスで料理をヘルシーに!キレイと元気をアップする健康効果まとめ』

お酒では、ワインが断トツにORAC値が高くなっています。

そしておやつはナッツ類やドライフルーツ、ダークチョコレートにすると、

毎日の食生活でのアンチエイジング効果がグングン高まります。

これからの寒い季節、お肌は乾燥や、

激しい気温差と戦わなくてはいけません。

ORAC値の高い食品群を上手に摂って、

身体の中から真の美肌力を鍛えましょう。