美肌とダイエットの救世主!?きくらげの驚きのパワー


美肌とダイエットの救世主!?きくらげの驚きのパワーきくらげは、しゃきしゃきとした食感が魅力のきのこの仲間です。

 

普段、私たちが中華料理などで食べる機会の多いのは黒きくらげですが、

食用されているきくらげには、黒きくらげのほかに白きくらげもあります。

 

黒きくらげは肌に栄養を運び、白きくらげはお肌にうるおいを与えてくれる、

美肌パワーに溢れた食材なのです。

 

中国では漢方や薬膳の食材として愛されていて、

世界三大美女といわれる楊貴妃も白きくらげを好んで食べていたとか。

 

今回はこのきくらげの栄養と手軽な食べ方を紹介します。

 

 

ミネラル豊富でお手頃価格の黒きくらげ

 

黒きくらげは白きくらげに比べると値段が1/3程度で、

スーパーなどでも手に入りやすい食材です。

 

ビタミンB群や鉄分が豊富で、貧血を予防する助けになりますし、

血流が改善されることでお肌にしっかりと栄養を運ばれるようになります。

 

また、体内でビタミンDに変わるエルゴステリンを多く含んでいます。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進してくれるため、

骨とお肌を元気にしてくれる上に、

カルシウム不足によるイライラも防いでくれます。

 

 

抜群の保水力を持つ白きくらげ

 

白きくらげは食物繊維とカルシウムが豊富です。

また、美肌成分の亜鉛も含まれています。

 

体内での保水力はヒアルロン酸をしのぐほどとも言われており、

お肌にたっぷりと潤いをもたらしてくれます。

 

きくらげを食べて体内の保水力が高まれば、

皮膚にも栄養が十分に循環するようになりお肌にも良い影響が現れます。

 

 

きくらげにはさらにこんなパワーも

 

その他にもきくらげの栄養を摂ることで、

さまざまなうれしい効果があります。

 

●酸性多糖類がコレステロール抑制に役立ち、ダイエットもサポート。

●カリウムを含むので、ナトリウムの排出を促進し、血圧上昇を抑える。

●水溶性植物繊維で肥満防止と便秘解消に役立つ。

●ニガワ質が乾燥肌防止と老化防止に作用する。

●血液をサラサラにするので、血栓、動脈硬化、心筋梗塞を予防します。

●鉄分の造血作用が身体全体の機能維持と免疫力アップに働く。

●ビタミンB2が婦人病の改善を助ける。

●熱を取り、また解毒作用があるので、腫れ物を抑えてくれる。

 

 

いつもの料理にきくらげをプラス!

 

乾燥きくらげは水につけると、15分ほどで5倍に膨らみますので、

一度にたくさん戻しすぎないように注意してください。

 

黒・白ともに食物繊維が豊富でローカロリーなので、

いつもの料理にプラスすると、満腹感もアップしますし、

ダイエット中の方にもおすすめです。

 

いつもよりもちょっと豚肉を減らした肉野菜炒めに黒きくらげをプラスすれば、

しっかりとした食感を楽しみながら、ローカロリーで栄養バランスもアップしますよ。

 

スープやみそ汁の具には、白でも黒でも相性バッチリです。

サラダなどには、やや食感が柔らかい白きくらげがおすすめですし、

わかめなどの海藻と合わせてもいいですね。

 

きくらげ自体には強い味やはっきりとした風味もありませんので、

パスタや洋風の料理に使ってみても違和感なく馴染みますし、

歯切れのいい食感が美味しさをアップさせてくれるはずです。

 

さまざまなレシピにきくらげを採用してみて、

美味しく食べつつ、美肌とダイエットに役立ててくださいね。