冬に美味しい銀杏の驚くべきアンチエイジング効果とは


冬に美味しい銀杏の驚くべきアンチエイジング効果とは寒さが深まり、紅葉もまさに見頃ですね。

 

紅葉といえば、

鮮やかな黄色で私たちの心を和ませてくれる

イチョウも忘れてはいけません。

 

そして、イチョウが色づく季節になったということは、

イチョウの実である銀杏も旬を迎え、

美味しく鮮やかに食卓を彩ってくれる季節でもあります。

 

銀杏には驚くほど美容にうれしい栄養が含まれており、

アンチエイジング効果の高い食べ物であるのをご存知でしょうか。

 

 

銀杏の美容成分

 

銀杏には、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、βカロチン、

鉄分、カリウムなどが含まれています。

 

どれも美肌を作るために必要な栄養素です。

 

とくに銀杏に含まれるタンパク質はアミノ酸バランスがよく良質で、

ビタミンBのなかでも、糖質をエネルギーに変えて代謝を助けるチアミン、

脂質を分解し、膚や粘膜を健康に保つリボフラビンも含んでいます。

 

さらに、銀杏には活性酸素を取り除く効果もありますし、

滋養強壮効果のほか、せき・淡を止める効果もあります。

 

銀杏は古くから、肺の働きを高め、

喘息を鎮める漢方薬としても親しまれてきたほど、

身体にうれしい効果が豊富な食材なのです。

 

 

銀杏の美味しい食べ方

 

銀杏は焼くだけでおいしいので、

気軽に食卓に取り入れられます。

 

焼いた銀杏を串刺しにして塩を振るだけでも、

とってもおいしいですし、

お酒のおつまみにもぴったりです。

 

バターで焼いてブラックペッパーをかけるのもいいですし、

揚げるとモチモチ感が増して、

また違った食感を楽しむことが出来ます。

 

茶わん蒸しに入っている銀杏も、

たまらなく美味しいですよね。

 

 

銀杏の食べ過ぎには注意

 

銀杏にはビタミンB6の作用を妨げる

メチルビリドキシ(MPN)という中毒物質が含まれているため、

食べ過ぎるとけいれんなどの中毒が起きることがあります。

 

大人は肝臓にMPNを解毒する酵素がありますが、

幼児は解毒能力が発達していないため中毒になりやすく、

ときには死に至ることもあります。

 

美味しい食材だけに、ついつい食べ過ぎてしまいますが、

大人は多くても1日に10個、子どもの場合は5個までを目安に、

量を決めて食べるようにしましょう。

 

美容効果満点の銀杏を上手に食べて、

アンチエイジングに活かしてくださいね。