首のシワをなくして、年齢不詳美人になる秘訣


首のシワをなくして、年齢不詳美人になる秘訣首は「第二の顔」とも言われるほど、とても大切な場所です。

 

顔に近い場所でもあり、顔と同じくらい、

人に肌を見せる機会が多い場所でもあります。

 

そして何より、見た目年齢に大きく影響するのが

「首のシワ」の存在です。

 

年齢を重ねるにつれてできてしまいがちなのが、

まるで年輪のように横方向に刻まれる首のシワです。

 

顔のハリはキープできても、首のシワが目立つ人は結構多いもの。

さらに、顔がたるんでアゴのラインが下がってくると、

首の皮膚も影響を受けてシワが深くなることがあります。

 

「手と首は年齢を隠せない」といわれているように、

首は若さのバロメーターです。

 

やはり、いつまでもシワのない綺麗な首を保ちたいですよね。

 

 

どうして首のシワはできるのか?

 

首は良く動かす場所だから、シワが出来やすいと言われています。

 

あまり知られていないいことですが、

首の皮膚は目もとと同じくらいの薄さなのです。

 

目もとの表皮は顔の中でも特に薄く、卵の薄皮程度の厚みしかありませんが、

それと同じくらい皮膚の薄い首は、うんうんと頷(うなず)いたり、

見上げたり振り返ったりとしょっちゅう動く部位のため、

シワができやすくなってしまうわけなのです。

 

ちなみに、アトピーなどで肌にダメージを受けやすい人は、

10代や20代であっても首のシワが深い傾向にあります。

 

また、首に横ジワができるのは、首の皮膚割線(ひふかっせん)が、

横に走っているからです。

 

割線とは、目で見ることのできない皮膚の線のことで、

部位によって方向性は様々ですが、

首の場合は横方向にこの割線があります。

 

 

女性ホルモンの低下でシワが深くなる!?

 

30代後半になると、女性ホルモンである

エストロゲンの分泌量が徐々に減少していきます。

 

エストロゲンが減ると、ハリを保つコラーゲンやエラスチン、

肌のみずみずしさを保つヒアルロン酸の合成が減るので、

顔がたるみやすくなってしまいます。

 

顔がたるんでアゴのラインが下がってくると、

その重さで首の皮膚も押されて下降する傾向があり、

元からあった首のシワがさらに深く刻まれることになります。

 

また、皮膚科医の見解では、身体の不調は皮膚に出やすく、

顔よりも、特に首や手に現れやすいとされています。

 

例えば、栄養状態が悪ければ、爪の周囲がささくれたり、

首にハリやうるおいがなくなります。

 

逆に言うと、首の手入れ不足によるカサカサやシワは、

不健康な印象も与えてしまうことになるのです。

 

そうならないためにも、首のシワ・顔のたるみを予防する

簡単な対策を紹介します。

 

 

徹底的な保湿が第一

 

顔よりも皮膚が薄くて乾燥しやすい首は、

徹底的に保湿することが欠かせません。

 

朝と夜の1日2回の保湿だけでなく、できるだけ日中も保湿をして、

夜のスキンケアのとは別に、寝る直前に保湿クリームをもうひと塗りするくらい、

念入りに、たっぷりとうるおいを与えましょう。

 

アトピーなどの肌の弱い方も、肌に合った保湿剤をこまめに首につけると、

シワが目立たなくなってきます。

 

 

首にかいた汗は、おしぼりで塩分まで拭き取る

 

汗に含まれている塩分を放っておくと、

刺激となって皮膚が乾燥してしまいます。

 

特に首の皮膚は薄いので、汗がシワの溝にたまって

かぶれを引き起こすこともあります。

 

すると、シワに沿って赤みが出てしまい、

放っておくと色素沈着の原因にもなりかねません。

余計シワが目立ってしまわないように、

首の汗はこまめに拭きとるようにしましょう。

 

ハンカチやハンドタオルなどの乾いた布は、

汗の水分だけを吸収して、塩分を取りきれない場合が多々あります。

 

首の汗を拭くときは、布に水を含まて軽く絞ったおしぼり状のもので

ポンポンと首に当てながら、塩分までしっかり拭き取るようにしましょう。

 

ゴシゴシと擦って肌を刺激しないように気をつけてください。

 

 

首のマッサージは横向きにほぐすのがポイント

 

首のシワを薄くして、予防するためのマッサージは、

簡単でシンプルですので、首に保湿クリームを塗るついでなどに、

毎日続けるようにしてください。

 

まず、首の中央部分は、たるみをリフトアップさせるため、

鎖骨あたりからアゴの付け根までしっかりと、

下から上に向かって四本の指を滑らすようにマッサージしましょう。

 

このとき、顔は上を向いて、

首の皮膚をなるべく伸ばすようにしてください。

 

次に、首の横シワを伸ばすために、

逆側の手で首の中心から首の後ろまでリンパを流していきます。

 

首の中心から左側に向かっては、右手を使って横方向に指を滑らせ、

首の右側は左手を使ってマッサージしましょう。

首のシワは横にできるので、横方向にマッサージをするのがポイントです。

 

力加減は軽く、皮膚割線に沿って四本の指を滑らすようにマッサージすれば、

血液とリンパ液の流れがスムーズになって、シワができにくくなります。

 

 

アゴのラインもたるみ防止マッサージ

 

加齢により皮膚が重力に逆らえなくなると、

どうしても顔がたるみがちみになります。

 

たるみはアゴのラインを曖昧にし、首の皮膚をも押し下げてしまいますから、

アゴのラインをシャープに保つことも、首を若々しく保つコツだと言えます。

 

保湿やスキンケアをする時、通常は親指を使いませんが、

マッサージを兼ねて親指をアゴのラインの内側に沿わせるように、

アゴの下から耳の下に向かって動かすようにしましょう。

 

耳の周りにはリンパ節があるので、

マッサージをすることで滞っていた老廃物が流れ出し、

アゴのラインがスッキリと引き締まってきます。

 

それが、首の皮膚にかかる負担を軽くして、シワ予防に繋がります。

 

 

枕は頭だけでなく、肩から当ててる

 

1日のうち7時間近く首にシワをつくりながら寝ていると、

その形状が定着するようになってしまいます。

 

多くの人は枕に頭だけのせて眠っていますが、

それでは首を支えられず、シワを寄せながら眠ることになりがちです。

 

枕を肩から当てるようにすれば、首が自然に支えられ、

シワを作らずに眠ることができるようになります。

 

また、日常生活での姿勢もシワを作る原因になることがあります。

 

パソコンで仕事するとき、本を読むときなど、

長時間下を向いたまま過ごすことがあったり、

猫背だったりして、日常生活の中でアゴを下げすぎて、

首にシワがよっていないかチェックするようにしましょう。